SANADA初戴冠なるか?オカダ・カズチカの防衛か?

SANADAがNEW JAPAN CUPの結果を得てIWGPヘビー級の挑戦を手にした。
惜しくもオカダ・カズチカに敗戦準優勝となった。
試合はオカダ・カズチカを追い詰めた辛勝。
オカダ・カズチカはSANADAともう一度と思った。

オカダ・カズチカはジェイ・ホワイトからIWGPヘビー級のベルトを取り戻した。
再びIWGPヘビー級王者となった。その防衛戦の相手にSANADAが登場。

レスリングどんたくでのSANADAの挑戦が決まった。
前哨戦で自己主張を始めたSANADA。
初戴冠の期待が高まる。
だがオカダ・カズチカも棚橋弘至、ジェイ・ホワイトと続くIWGPヘビー級防衛回数0回と言うわけにはいかない。
強さを取り戻したオカダ・カズチカの牙城を崩せるのか?
SANADAに注目が集まる。

SANADAのIWGPヘビー級王座初戴冠はお預けとなった。

IWGPヘビー級王者のオカダ・カズチカがSANADAを迎撃。3.24長岡での『NEW JAPAN CUP』決勝戦で好勝負を繰り広げた両雄は、今回も観る者が手に汗握るハイレベルな攻防を展開。
終盤、SANADAは相手のお株を奪うレインメーカーを決め、あわやの場面を作り出す。だが、オカダは王者の意地を見せ、相手のSkull End狙いをツームストンパイルドライバーで切り返し、最後はレインメーカーを炸裂。38分を超える激闘を制し、初防衛に成功した。
試合後、場内ビジョンにクリス・ジェリコからのメッセージVTRが流れ、6.9大阪城でのIWGPヘビー挑戦をブチ上げた。
クリスジェリコ
画像出典元
NJPW

AEWへ移籍したクリスジェリコ登場次期挑戦者に名乗り。

レッスルキングダムエース棚橋弘至の対戦相手は初代AEWチャンピオンクリス・ジェリコ

あわせて読みたい記事