KUSHIDAがNXTで3連勝

新日本プロレスからWWEのNXTに戦いの場を移した元IWGPジュニアヘビー級王者KUSHIDA

順調に実績を積み上げ3連勝となった。

 

今回の対戦相手は元CZW世界ヘビー級王者のドリュー・グラック

元IWGPジュニアヘビー級王者VS元CZW世界ヘビー級王者の対決はハイレベルな攻防となった。

関節技でクラシカルなレスリングを展開とみせてKUSHIDA得意の立体的な技も繰り出す。

 

新日本プロレスでのKUSHIDAそのものである。

試合が一気に立体的になると、KUSHIDAは必殺のホバーボードロック。これを回避されるや、突進してきたグラックにカウンターのシェルショック(変型顔面砕き)を決めてマットに叩きつけると、そのまま外道クラッチで3カウント。鮮やかな流れでデビューから3連勝を決めた。

KUSHIDAの狙いはNXTのベルトなのか?



KENTAが取れなかった205 Liveのクルーザー級のベルトなのか?

 

注目が集まるが今現在NXTである以上は中邑真輔の巻いたNXTのベルトをKUSHIDAの腰にも巻いてもらいたい。

KUSHIDAの戦いは始まったばかりであるが

 

幸先のよい3連勝となり

対戦相手のドリュー・グラックからは関節オンリーのサブミッション限定試合で再戦を要求された。

 

サブミッションの得意なKUSHIDAのこの勝負は見てみたいものだがKUSHIDAは受けるのか?

NXT女子では紫雷イオがNXT女子王者のベルトを巻くためシエイナー・ベイズラー越えを狙う

 

KUSHIDAにもライバル出現が望まれる。

 

あわせて読みたい記事