カブキ・ウォリアーズWWE女子王座戦

カブキ・ウォリアーズ。日本が誇るアスカ&カイリ・セインのタッグチーム。
WWE女子タッグ王座が新設
初代王者になったアイコニックス。
ビリー・ケイ、ペイトン・ロイスの初代王者のタッグチーム。
のらりくらりと試合を行い。強さを感じさせないタッグチームである。

負けないベルトは手放さないと言うチームで厄介な相手。
しかし勢いはカブキ・ウォリアーズ。アスカ&カイリ・セインがタッグを結成。
WWE日本公演で2連勝と勢いに乗る。

WWEアスカ&カイリ・セイン
画像出典元
(C)2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

スマックダウンライブ大会でも、ノンタイトル戦で勝利。カブキ・ウォリアーズのチャンピオンは時間の問題?

王者組の仮病で王座戦消滅

WWEでは試合の変更は良くある事例。今回はタイトルマッチ回避で仮病?

カブキ・ウォリアーズ
画像出典元
(C)2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

バックステージでペイジが「今夜、王座戦の予定よね?」と問いかけると、ペイトンは「今夜ですって? そんなの無理よ。ほら、ビリーが病気なの…」とミエミエの言い訳。受けたビリーは「ああ、もうクラクラよ。ドクターを呼んで!」と見ているほうの頭が痛くなるような演技を始めた。

WWEならではのエンターテインメント。
この難関をクリアしないとトップになれないのもWWE。

スポーツライクな日本のプロレスとは大違。
これが世界最大級プロレスWWEである。
仮病で回避したタイトルマッチ。アイコニックスは、逃げ場がないのも事実。

カブキ・ウォリアーズ王者撃破

カブキ・ウォリアーズ
画像出典元 (C)2019 WWE, Inc. All Rights Reserved. 遂にたどり着いたアイコニックスとのWWE女子タッグ王座戦

WWEアスカ最新情報は・・
カブキ・ウォリアーズの代理人ペイジも対戦を要求。
アイコニックスの意思とは関係なく王座戦が組まれた。
女帝アスカの強さが裏目に・・

女帝は「何じゃコラ」と声を荒らげて高速のソバットを側頭部に入れる。たまらずビリーはリング外に転落。心配したペイトンが駆け寄った。 場外カウント6でビリーがリングに戻ろうとするとペイトンの表情に一瞬、ひらめきが浮かんだ。何を思ったのかビリーの足を引っ張り、再度リング下へ戻す。そう、ルール上、リングアウト負けなら王座は移動しないのだ。テンカウントが数えられるとアイコニックスは、敗者にもかかわらずベルトを掲げて大騒ぎ。試合で負けて王座を防衛。ほとんど試合を支配しながら、王座を奪えなかったウォリアーズにとっては何とも納得できない結末となった。

こんな事をされたら王者が負ける要素がなくなる
次回は完全決着を目指すカブキ・ウォリアーズ。

カブキ・ウォリアーズ王座戦動画

インセインエルボーさく裂。

カブキウオリアーズベルト奪取快挙達成

あわせて読みたい記事