蚊帳の外となったロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン内藤哲也

新日本プロレス2冠

IWGPヘビー級&インターコンチネンタル

この2つのベルトを同時に巻く

この野望を打ち出した、内藤哲也であったが

 

G1クライマックスで敗戦、保持していたインターコンチネンタル王座も

ジェイ・ホワイトから奪われた。

画像出典元
NJPW
ジェイ・ホワイト

そして、飯伏幸太がレッスルキングダムのメインをかけて

 

同門ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンEVILと権利証の防衛戦を行い

解説の棚橋弘至から新時代のプロレスと絶賛

前哨戦では、EVILが飯伏幸太から、ピンフォールを2度も奪う

過去動いたことのない権利証が初めて動くそう感じさせた。

 

飯伏幸太は、G1クライマックスで優勝して得た権利証がそう簡単に動いてたまるか

そうコメント

試合の結果は・・・・

 

EVILは感覚で動く飯伏幸太に対し、計算されたプロレスを展開

しかし権利証が動くことはなく

飯伏幸太が防衛を果たした。

EVIL
画像出典元
NJPW
新時代のプロレス飯伏幸太VSEVIL

この結果
飯伏幸太は、IWGPヘビー級王座をリスペクトしながらも2冠を狙う改めて宣言した。

この2冠騒動は、ジェイ・ホワイトや後藤洋央紀まで飛び火しており

 

インターコンチネンタル王座を保持する事にいま大きなメリットが発生している。

 

IWGPヘビー級王者オカダ・カズチカは改めて

IWGPヘビー級王座以外は興味がないとこの2冠騒動の終息を誓う

 

年初頭の内藤哲也発信で起こった2冠騒動だが

今では人気実力の内藤哲也さえ蚊帳の外に追いやられた。

 

新日本プロレスの流れの早さを感じさせる出来事である。

 

 




内藤哲也沈黙を破る2冠宣言

ジェイ・ホワイトに敗戦インターコンチネンタル王座を失った内藤哲也は、沈黙を貫いた

その間タイチが、3冠宣言内藤哲也に対戦要求をする。

 

3冠とはかってジャンボ鶴田が全日本プロレスのベルトを統一したものにモジって

IWGPヘビー級王座&インターコンチネンタル&NEVER無差別級王座を統一すると言うもの

同会場では1989年4月、鶴田がPWF、インターナショナル、UNを統一して初代3冠ヘビー級王者になった。遠い目をした元全日戦士は「かつてのタイチ少年には、3本のベルトを巻いた戦いに憧れた時期もあったしな」と前代未聞の王座戦3連戦を提唱した。

 

非現実な話だがタイチも内藤哲也を踏み台に主役を狙うというのは

レスラーなら当然のことである。

 

内藤哲也はジェイ・ホワイトに敗戦したとは言え前チャンピオンの権利を行使し再度

ジェイ・ホワイトに挑戦そんな図式もあったはずである。

 

しかしかねてから内藤哲也は、リマッチを否定する

その宣言通りリマッチの要求はしなかた。

 

その間、ジェイ・ホワイトのベルト挑戦へ後藤洋央紀が乗り出し

ジェイ・ホワイトは否定するもジェイ・ホワイトVS後藤洋央紀のタイトルマッチが実現する。

 

レッスルキングダムまでカウントダウンが始まったレスラーの動き主張が交差する中

ここ数年主役を張ってきた内藤哲也は沈黙を貫く。

タイチは内藤哲也に再び対戦要求

 

今夏のG1クライマックス公式戦で勝利しており、大阪決戦を「IC次期挑戦者決定戦」にすべきと主張している。「前王者に2連勝すりゃ文句ねえだろ!? せっかくだから、あいつの持ってる前王者のリマッチ権をかけろって。2冠だ、2冠だって言ってたやつが蚊帳の外ってのもかわいそうだし、次期挑戦者決定戦ってことにすれば、あいつにもメリットあるんじゃねえの?」

内藤哲也の答えは?

試合はロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンVS鈴木軍

タイチが煮え切らない内藤哲也にいつまでダンマリ決めてるんだ? と挑発

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン
画像出典元
NJPW

すると、内藤がついに沈黙を破った。10分過ぎにマイクスタンドを手にするや、レフェリーとタイチを殴打して大暴走。反則負けの裁定が下された後にもタイチをデスティーノでKOし、騒然とするリング上で「シングルマッチ、やるに決まってるだろ。お望み通り、逆転の内藤哲也、史上初の偉業への踏み台にしてやるぜ、カブロン」と宣戦布告。事実上のIC挑戦表明を放った。

ついに沈黙を破ったロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン総帥内藤哲也

飯伏幸太、ジェイ・ホワイト、後藤洋央紀、内藤哲也そしてタイチ

この2冠騒動がどのように終結するのか注目が集まる。



あわせて読みたい記事