内藤哲也WWEからオファー

日本のスーパースター制御不能なカリスマ内藤哲也にWWEからオファー

と衝撃的な内容、内藤哲也も中邑真輔同様、WWEに移籍するのか?

内藤哲也
画像出典元新日本プロレス

世界的なパフォーマンス集団WWE

世界NO1の団体と言っても過言ではない。

 

WWEのスーパースタークリス・ジェリコと対戦した内藤哲也はWWEの注目となった。

内藤の元に世界最大団体・米WWEの関係者から連絡があったという。新日プロとの契約期間に関する質問と、期間終了後にWWEに参戦したいならサポートを約束するといったものだった。タイミング的にも、ジェリコ戦の内容がこの事実上の“オファー”につながった可能性は高い。

 

Sponsored Link




内藤哲也の新日本プロレスにかける思いは?

制御不能なカリスマ内藤哲也は、常に新日本プロレスに疑問を投げかける

IWGPヘビーは1つで良い?

IWGPヘビー級チャンピオン以外意味はないなど

 

新日本プロレスの選手や、社長、ベルトなど口うるさい内藤哲也

大会ポスターに載っている選手の名前が、当日の対戦カードに入ってないことが多々あったんですよ。そのへん、最近の新日本プロレスはどうなってるんですかね? 新日本プロレスが世界に目を向けている、それはすばらしいことですよ。でも、もっと身近なことや小さなことを丁寧に伝えることも、俺は大事なんじゃないかなって思いますよ……。

そこには、新日本プロレスファンへの愛も感じる発言も多い。

 

WWEから事実上のオファーを受けた内藤哲也は即座に断ったと言う。

「考えるまでもないっすよね。少なくとも俺にとっては、この場所(新日プロ)がすでに世界一のリングなわけですから。それは会場に見に来てくれているお客様にとっても同じことなんじゃないんですか? だから俺には何で新日本がやけにWWEに対抗意識を燃やしたり、世界に目を向けようとしているのか分からない。だったら国内の満足度をもっと上げるべきでしょ」

WWEと対抗して、世界に目を向けると言う新日本プロレス

だが内藤哲也は新日本プロレスこそ世界最強の団体であると自負する。

 

レッスルキングダムでクリス・ジェリコの保持する、IWGPヘビー級インターコンチネンタルのベルトを奪還を目論む内藤哲也

IWGPヘビー級インターコンチネンタルを否定してきた内藤哲也

 

しかし、クリス・ジェリコへのリベンジの為には、IWGPヘビー級インターコンチネンタル挑戦も

世界的スパースタークリス・ジェリコに敗戦したのが悔しいのではなく。

 

新日本プロレスのホームグランドでクリス・ジェリコに負けたことが、内藤哲也にとっては許されない事である。

Sponsored Link



関連お勧め記事