G1クライマックス30Bブロック代表はSANADA

G1クライマックス30が開幕して、順調に勝ち星を上げた2冠王者内藤哲也

初戦の棚橋弘至に勝利

誤算が出たのは、同門ロスインゴベルナブレス・デ・ハポンSANADAの敗戦

終盤ディステーノで追い込むいつも通りの戦いを展開していた内藤哲也

 

3連敗しているSANADAが圧倒的に不利な状況であったが

SANADAは、逆ディステーノを決めて見せた。

内藤哲也VSSANADA
画像出典元
NJPW

しかしSANADAの潜在能力の高さを見せる試合であった

ロスインゴベルナブレス・デ・ハポン対決で内藤哲也が初めて負けた瞬間であった。

その後SANADAは覚醒する



内藤哲也EVILへの敗戦

SANADAに敗戦するも勝ち星では独走の内藤哲也

SANADAの敗戦を悔しがるも、その後順調に勝ち星を重ねて行く

そして迎えた元ロスインゴベルナブレス・デ・ハポンキング・オブ・ダークネスEVILとの対決

 

結果この試合を乗り越えたら、内藤哲也のG1クライマックスBブロック代表は堅かった

試合は互角に進むも、デック東郷の試合の介入もあった

 

内藤哲也はデック東郷の排除にも成功した

とどめのディステーノを狙うも、逆にEVILをキング・オブ・ダークネスEVILに決められた

ここにデック東郷はいなかった、この違和感はEVILが内藤哲也を正攻法で倒した瞬間であった

金的から、EVILではなく、返し技からEVILを決めた

 

内藤哲也は珍しく無言で会場を後にした。

このSANADAとEVILの敗戦が大きな誤算となる

 

G1クライマックス30を制覇して、外への挑戦者を打ち出すプランも口にしていた

内藤哲也であったが、この2敗が

 

最終戦KENTAからピンフォールを奪われ

全て消えてしまう事に

KENTA内藤哲也
画像出典元
NJPW

敗戦後の内藤哲也の悔しがりは異常であった

マットを何回も叩く2冠王者内藤哲也の姿があった。

 

2冠王者のまま、G1クライマックスを制覇する野望は途切れ

G1クライマックス30で敗戦した、EVILとKENTA、そしてSANADAの処理をどう行うのか

2冠王者のG1クライマックス30での敗戦処理がきな臭い。

 

ロスインゴベルナブレス・デ・ハポンで同門だった、キング・オブ・ダークネスEVIL

同門のSANADAが内藤哲也の背後にピタリとついたと言えよう



あわせて読みたい記事