高橋ヒロムIWGPジュニアヘビー級チャンピオン

怪我で欠場していた高橋ヒロムがウィル・オスプレイの保持する

IWGPジュニアヘビー級のベルトに挑戦した

 

ジュニアヘビー級最強の名を欲しいままにしていたウィル・オスプレイ

怪我をする前の高橋ヒロムはスーパージュニアを制覇

IWGPジュニアヘビー級を保持していて

 

いざヘビー級へ挑戦目前であった

しかし怪我のため長期欠場引退も・・

その意思を受け継ぐかのように




ウィル・オスプレイはヘビー級戦線へ

NEVER無差別級王座

G1クライマックス29へも出陣して見せた

その最強の王者の前へ高橋ヒロムが立って見せた。

レッスルキングダムIWGPジュニアヘビー級王者ウィル・オスプレイVS高橋ヒロム

 

高橋ヒロム
画像出典元
NJPW
高橋ヒロム

この結果高橋ヒロムはIWGPジュニアヘビー級王者として

獣神サンダー・ライガーに引導を渡す。

 

進化する新日本プロレスジュニアヘビー級の象徴となる。

重鎮獣神サンダー・ライガー引退と共に

その意思を受け継ぐために、高橋ヒロムは復活した

 

最強となったウィル・オスプレイに挑む高橋ヒロム

スピード、パワー、テクニックそして自信を身に着けてしまった

ウィル・オスプレイをどう倒しましょうか?とおどけて見せた高橋ヒロム

 

しかし高橋ヒロムは高橋ヒロムであった。

高橋ヒロム復活
画像出典元
NJPW

ヒロムがカナディアンデストロイヤーに切り返して逆転。
さらにヒロムは、ランニングラリアットでオスプレイを吹き飛ばし、今度こそTIME BOMBを炸裂させる。ところが、オスプレイはフォールを跳ね返す。
するとヒロムは、低空ランニングエルボーでオスプレイに追撃し、最後は新技のTIME BOMB II(変型TIME BOMB)でオスプレイを轟沈。見事、IWGP Jr.王座を奪回した。

獣神サンダー・ライガーラストバトル1.4レジェンドと対戦遺伝子は高橋ヒロムへ

 

あわせて読みたい記事