オカダ・カズチカと内藤哲也

棚橋弘至と中邑真輔が牽引する新日本プロレス

そこへ内藤哲也が次世代のエースとして浮上してきた

 

着々と、棚橋弘至の背中に迫っていく内藤哲也

しかしファンの内藤哲也に対する反応はいまいちであった。

いまいち爆発しない内藤哲也

 

華も実力も申し分ない内藤哲也

このまま棚橋弘至の陰に隠れてしまうのか?

 

そんな矢先にオカダ・カズチカが凱旋帰国

棚橋弘至に喧嘩を打った。

 

外道と共にファンから大ブーイングを浴びるオカダ・カズチカ

内藤哲也、オカダ・カズチカ共に

棚橋弘至と中邑真輔の壁が存在した。

 

しかしオカダ・カズチカは、棚橋弘至からIWGPヘビー級王座をあっさり奪ってしまった。

結果ファンから反感を買いながらも

 

棚橋弘至、中邑真輔、AJスタイルズとの戦いに入っていく

その実力は、経験値を積むことでとてつもない強さに変化していく

当時は日本より世界がオカダ・カズチカを認めていた事は否めない事実

 

棚橋弘至と中邑真輔が復活させた新日本プロレスをより強固にしていったオカダ・カズチカ

 

内藤哲也ロスインゴベルナブレス・デ・ハポン結成

新日本プロレスをより強い人気団体にしていったのはロスインゴベルナブレス・デ・ハポン内藤哲也

の功績が強い

正統派の内藤哲也がヒールに変貌したロスインゴベルナブレス・デ・ハポン

決め技スターダストプレスからデスティーノに変えた

スターダストプレス※リング外を向いたまま後ろ向きにジャンプし、体を左方向180度捻った後、270度前方回転し更に180度左方向に錐揉み回転させてプレスする

制御不能と呼ばれるようになった内藤哲也

ロスインゴベルナブレス・デ・ハポンの乱入などでオカダ・カズチカからIWGPヘビー級王座を奪った

強引に手繰り寄せたIWGPヘビー級のベルトであったが

 

その後の試合で内藤哲也は、リングでの外部乱入などのタイトルマッチは行っていない

その発信力、リングでの振る舞いはファンから共感を生み

 

新日本プロレスを爆発させた。

最強のオカダ・カズチカ

ファンから最も支持を集める内藤哲也がこの2冠闘争へ終止符を打つ




 

IWGPヘビー級王者オカダ・カズチカVSインターコンチネンタル王者内藤哲也の結果

初代2冠王者はロスインゴベルナブレス・デ・ハポンの内藤哲也

初代IWGPヘビー級&インターコンチネンタル2冠
画像出典元
NJPW

史上初の偉業を達成したのはロスインゴベルナブレス・デ・ジャポン内藤哲也

内藤哲也復活2冠王になるも、話題は襲撃KENTAにさらわれる

 



あわせて読みたい記事