オカダ・カズチカと内藤哲也

棚橋弘至と中邑真輔が牽引する新日本プロレス 内藤哲也が次世代のエースとして浮上してきた。
着々と、棚橋弘至の背中に迫っていく内藤哲也 結果も出して実力もついてきた内藤哲也であったが。
ファンの内藤哲也に対する反応はいまいちであった。爆発しない内藤哲也。
ハッキリ言って人気が出ない。棚橋弘至の陰に隠れてしまうのか?

そんな時に、オカダ・カズチカが凱旋帰国 棚橋弘至に喧嘩を打った。
外道と共にファンから大ブーイングを浴びるオカダ・カズチカ。
内藤哲也が届かないIWGPヘビー級王座をいとも簡単に腰に巻いたオカダ・カズチカ
ヒールオカダ・カズチカの誕生は新日本プロレスで大きかった。

内藤哲也の壁が、棚橋弘至と中邑真輔以外にも出来てしまった。
ますます追いやられる内藤哲也。

オカダ・カズチカは、ファンから反感を買いながらもIWGPヘビー級王者として成長する事になる。
内藤哲也はここで大きな疑問、ファンの反応と棚橋弘至を追いかけてきた自分の追い求めてた事とオカダ・カズチカはの姿にギャップが生じる。

内藤哲也は次第にメインの戦いをオカダ・カズチカから奪われていく。
新日本プロレスは、オカダ・カズチカ、棚橋弘至、中邑真輔、AJスタイルズ中心にIWGPヘビー級とインターコンチネンタル王座を回し始める。
棚橋弘至と中邑真輔が復活させた新日本プロレスをより強固にしていったオカダ・カズチカ

新日本プロレスをV字回復を加速させたのはオカダ・カズチカであった。
新日本プロレスの主役はオカダ・カズチカとなっていく事になる。

内藤哲也ロスインゴベルナブレス・デ・ハポン結成

ヒールオカダ・カズチカの色が強い中、内藤哲也はG1クライマックで優勝するも東京ドーム大会メインにたどり着けない。
棚橋弘至と中邑真輔の圧倒的支持は変わらない。

オカダ・カズチカは相変わらず強くIWGPヘビー級王座防衛記録伸ばしていく。
ここで内藤哲也動き新日本プロレスを更に不動の人気団体に押し上げていく。
新日本プロレスをより強い人気団体にしていったのはロスインゴベルナブレス・デ・ハポン内藤哲也の功績が大きい。
正統派の内藤哲也がヒールに変貌したロスインゴベルナブレス・デ・ハポン
決め技スターダストプレスからデスティーノに変えた。

スターダストプレス※リング外を向いたまま後ろ向きにジャンプし、体を左方向180度捻った後、270度前方回転し更に180度左方向に錐揉み回転させてプレスする

制御不能と呼ばれるようになった内藤哲也

ロスインゴベルナブレス・デ・ハポンへSANADAの電撃加入乱入などでオカダ・カズチカからIWGPヘビー級王座を奪った内藤哲也 手にしたIWGPヘビー級のベルトを放り投げた内藤哲也。
夢に見たIWGPヘビー級王座だが、制御不能内藤を貫いた。
強引に手繰り寄せたIWGPヘビー級のベルトであったが内藤哲也は新日本プロレスの主役のレールに乗った。
内藤哲也ファンが認めた新日本プロレスの主役は俺だ。

あわせて読みたい記事