ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン新しいパレハSANADA

日本の制御不能な奴らロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン

2015年内藤哲也、EVIL、BUSHIで結成されたロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン

 

内藤哲也のヒール転向で度肝を抜いた。

リングでその名の通り制御不能な行動を見せる内藤哲也

NEW・JAPAN・CUPで優勝した内藤哲也は

 

オカダ・カズチカの保持するIWGPヘビー級王座に挑戦

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの乱入でファンは嫌悪感を示すも

制御不能な内藤は終盤、新パレハSANADAをリングに上げ

最後はデスティーノをオカダ・カズチカに決めピンフォール勝ちを奪う。

ヒール内藤哲也が完成した。

Sponsored Link
 




新日本プロレスでは、2011年から続く棚橋弘至・オカダ・カズチカ・AJスタイルズのIWGPヘビー級王座抗争の3強を崩した瞬間でもあった。

 

 

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンパレハ
画像出典元 新日本プロレス

新日本プロレスのトップ立った内藤哲也の発言は日々注目を集める事になる。

新日本プロレスのフロント、社長などターゲットは新日本プロレスのオカダ・カズチカ体制を批判した。

内藤哲也の発信は、ファンの心を徐々に動かし、共感を得て行く。

「カンサードなんだよ」

「トランキーロ!・・・・あっっせんなよ!」

「カブロン!」

「オクパードなんだよ!わかる?オクパード!忙しいんだよ!」

「最高のパレハだよ!」などのスペイン語も定着してきた。

Sponsored Link


ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン・パレハ高橋ヒロム

内藤哲也の人気はうなぎ登りであった。

EVIL、SANADAも順調に成長し、結果を残していく。

内藤哲也がIWGPヘビー王座をオカダ・カズチカに奪い返されたが、すぐさまインターコンチネンタルベルトを獲得した。

 

インターコンチネンタルベルトを巡ってはまた物議を交わし、ベルトのあり方を問う

ファンに向けてのメッセージは、IWGPヘビー級以外にこんなベルトいるか?と問いかける

中邑真輔の色に根付いたベルトは内藤哲也には、うざく感じたのだろう

 

ベルトを放り投げ、インターコンチネンタルベルトを不要論を唱えながら防衛してく矛盾を

投げかけた、しかし良くも悪くも内藤哲也のロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンに注目が集まり

話題を独占、棚橋弘至やオカダ・カズチカを抑え人気に拍車がかかる事となる。

 

内藤のパートナー、“Xと予告された試合で、登場したルーシュ

内藤哲也&ルーシュVS棚橋弘至&KUSHIDAの試合に

 

高橋ヒロムが乱入し、KUSHIDAを襲撃し内藤哲也と拳を合わせ

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン加入となる。

インターコンチネンタルベルトをかけて棚橋弘至と防衛戦を行い棚橋弘至に勝利

棚橋弘至時代終焉を匂わせた内藤哲也

棚橋弘至時代終焉はここから始まる

 

高橋ヒロムもKUSHIDAの保持する、IWGPジュニアヘビー王座に挑戦

タイム・ボムを炸裂させ、IWGPジュニアヘビー級王座を獲得

SANADA&EVIL&BUSHI組はNEVER無差別級6人タッグ王座を獲得

 

新日本プロレスは、制御不能な男たちに話題をさらわれた。

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの勢いは止まらず

それぞれが進化を見せそれがロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの魅力となり

 

新日本プロレスでムーブメントを起こしたnWoジャパン以来のユニットブームが起こり

内藤哲也は2年連続プロレス大賞MVPを勝ち取る事になる。

 

Sponsored Link



新たなるパレハX

内藤哲也は高橋ヒロムの怪我治療に伴い高橋ヒロムを4人で待つのではなく

5人で待つと宣言

 

新たなるパレハ加入を宣言した

新たなるパレハXとは?

 

第5試合はオカダ&矢野通&YOH&SHOvs内藤哲也&SANADA&BUSHI&X。ここで大注目なのは“X”の存在。内藤は9.17別府で鈴木みのるを下した直後、「一歩踏み出す勇気、まさにL・I・Jがそういう状況」と、ユニットが新たな局面を迎えていることを匂わせた。16年12月のヒロムの加入以降、5人体制だったL・I・Jが示す“一歩踏み出す勇気”の正体とは? 10月2日に公開された内藤哲也の“予告V”でも明かされたように、6人目となるメンバー、“新しいパレハ”がついにこの両国で明かされる!

オカダ・カズチカのCHAOSが分裂
ジェイ・ホワイト&外道が結束

YOSHI-HASHIも棚橋弘至との不穏な関係?

CHAOSと対戦するロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンその中に参加するX

CHAOS離脱をするなら対峙するCHAOSの前にYOSHI-HASHIが立つのか?

YOSHI-HASHIのロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン加入は?

Xの正体がYOSHI-HASHIならインパクトがある

高橋ヒロムのデビュー戦を務めた三上恭佑
新日本プロレスから海外遠征に行き消息不明となった川上

現在、鈴木軍のデスペラードと言う噂も、デスペラードが三上恭佑に戻りロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン加入か?

全日本プロレスから、宮原健斗などもワクワクする展開が期待される。

新日本プロレスの海外遠征組か、他団体からの参加になるのか?

ドラゴンゲート鷹木信悟

ドラゴンゲート卒業が決まっている。

内藤哲也とは同じアニマル浜口ジム出身である。

 

内藤哲也が新パレハ加入が10月8日で鷹木信悟のドラゴンゲート卒業が10月7日と言う

接点も気になる。

Xにとってもレスラーの転機になるロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの加入である

内藤哲也がロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンをどの様にリニューアルさせるのか注目である。

nWoジャパンも蝶野正洋と武藤敬司の分裂で解散となった事実もある
新パレハも大物ならまたロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの今後も予断は許さない。

 

新しいパレハ”がついにこの両国で明かされる!

関連

あわせて読みたい記事