2冠王者内藤哲也理不尽なタイトルマッチ実現

オカダ・カズチカ、ジェイ・ホワイト、飯伏幸太と壮絶な戦いの結果

2冠王者となった、内藤哲也

 

試合後KENTAの傍若無人な乱入で、ロスインゴベルナブレス・デ・ハポンの大合唱が出来なかった

内藤哲也は、ドームに来たファンに申し訳ないとコメント

今しかできないことをKENTAの暴挙で失った事

 

来年ではなく今それをやるべきだったと。

この暴挙に対してKENTAと対戦すると明言していた内藤哲也であったが

タイトルマッチにするかは、新日本プロレスに一任していた。

 

しかし新日本プロレスは、このKENTAの行動に対してペナルティどころか

タイトルマッチを容認して見せた。

 

内藤哲也はこの2冠王者となった今の自分にも新日本プロレスは嫌がらせをするのか?

と皮肉たっぷりにコメント。

 

しかし苦言も・・

オカダ・カズチカや飯伏幸太、ジェイ・ホワイトと比べてKENTAは、1枚も2枚もレベルが下がると

 

あの場面でリングに登場した、事は認めるが

挑戦者は誰でもいいのか?

 

NEVER無差別級のベルトを守れず、後藤洋央紀に敗戦したKENTAでいいのか?

まさに内藤哲也は正論で納得させられる言葉である

2019後半から起こった2冠闘争の結末は、内藤哲也が王者となったがそのプロレスは無視して

KENTAでいいのか?

 

しかしこの理不尽とも言えるタイトルマッチは実現する。

 




KENTAの理不尽な行動の意味することは?

スポーツライクで進む新日本プロレス

エンターテインメント性は必ず必要である

 

善と悪、ベビーフェイスとヒール

KENTAが内藤哲也の勝利をぶち壊した

 

TwitterやネットでKENTAが爆発している

KENTAのとった行動は、新日本プロレスや内藤哲也を動かした

KENTAにとって成功となった。

 

もちろんNEVER無差別級のベルト保持したKENTAと2冠王者の内藤哲也が戦う

シチュエーションは最高でこの場面でもKENTAは登場してきたはず。

 

内藤哲也が他に出てくる奴がいたんじゃない?そうコメント

後藤洋央紀がNEVER無差別級のベルトを持って内藤哲也に挑戦要求これもあったはず。

3冠戦となるのもありだった。

 

しかし出てきたのはKENTA

このKENTAの行動そのものが、プロレスの歴史を司るものなのかもしれない

油断したら埋もれていく

世界で戦ってきたKENTAの行動は、それを体感しているそのものなのかもしれない。

 

新日本プロレスファンを敵に回したKENTAの行動

ヒデオ・イタミからKENTAに戻った真価がいまから問われる

ヒデオ・イタミからKENTAに戻った

内藤哲也のプランは最後の2冠防衛戦

今回KENTAの挑戦を受ける事にした内藤哲也だが、2冠の防衛戦は今回が最後にするようだ

今後のベルトの扱いはどうなるのか?

ファンが誰しも気になるところ。

 

1989年全日本プロレスは、インターナショナル、UNヘビー級、PWFそれぞれのベルトを持ったチャンピオンが戦い3本のベルトをジャンボ鶴田が統一したその後3冠ヘビー級として防衛戦が行われている。

ジャンボ鶴田3冠ヘビー級統一

日本人抗争幕開け怪物誕生の序章ジャンボ鶴田世界王者から怪物へ

2020年1月現在宮原健斗がチャンピオン

新日本プロレスのIWGPヘビー級&インターコンチネンタルは、統一されたわけではなく

それぞれのベルトとして存在する

 

内藤哲也は、シリーズ前半インターコンチネンタル戦、後半IWGPヘビー級戦をやっても言いとコメントどうやら今回が最後の2冠防衛戦となるのが濃厚である。

 

 

IWGPヘビー級&インターコンチネンタル

衝撃の展開KENTAがバレット・クラブ入り柴田勝頼を裏切る



新日本プロレスニュージャパンカップ不参加のヒールKENTAにKENTAロス

 

あわせて読みたい記事