ジェイホワイトがSANADAにしびれを切らす

ジェイホワイトとSANADAの対戦が決まってジェイ・ホワイト吠える
SANADAは、無言と異様な展開

 

元々SANADAは、コメントを出す選手でもなくリングで偉観の景色を見せてくれる選手

SANADAの大好きですの一言が話題になるくらいの選手

 

ジェイ・ホワイトとしては、もっとリング外でも舌戦をやりたかったのであろう。

 

そんなSANADAに痺れを切らしたジェイ・ホワイトだがいよいよ大阪城ホールでのスペシャルシングル

マッチの日になった。

 



 

ジェイ・ホワイトがSANADAをブレード・ランナーで葬る

新日本プロレス新四天王ジェイ・ホワイトは強かった

要所に外道が介入する

 

 

SANADAもオカダ・カズチカのライバルと言われる所まで上り詰めたが

ジェイ・ホワイトと外道に翻弄される

大阪城ホール外道
画像出典元
NJPW
新日本プロレス大阪城ホール

 

ジェイはブレードランナーを狙うが、SANADAもSkull Endで切り返す。そこから技の切り返し合戦となり、SANADAがオコーナーブリッジ。
返したジェイに対し、SANADAはドラゴンスリーパー。そしてSkull Endに入るも、ジェイは後方回転して切り抜ける。だが、SANADAはもう一度オコーナーブリッジ。
これをジェイが返すと、SANADAはセカンドロープを使ってドラゴンスリーパーで捕獲。しかし、ジェイは脱出してSSS。
ジェイはもう一度SSSを狙うが、SANADAがこらえると、変形のレッグロックスープレックスを炸裂。だが、これはカウント2。
ジェイはSANADAの腕をクロスし、そのままうしろに放り投げる。そして首切りポーズからブレードランナーを決め、ついに3カウントを奪取。ジェイが激しいつばぜり合いを制し、勝利をつかんだ。

 

ジェイ・ホワイトと外道
画像出典元
NJPW
ジェイ・ホワイトVSSANADA大阪城ホール

ジェイ・ホワイトと外道のコンビ粉砕ならず

ブレード・ランナーで散った。

あわせて読みたい記事