最高のライバル関係であった棚橋弘至と中邑真輔

新日本プロレスで現在配信されている、中邑真輔VS棚橋弘至のイデオロギー対決

プロレスラーはライバルがいて輝くもの

 

一人横綱では面白くはない、栄光と挫折にファンは感情移入する。

日本人と外国人のライバル関係もあるが

 

やはり日本のプロレスでは、日本人と日本人とのライバル関係が面白い

過去には、ジャイアント馬場とアントニオ猪木(対戦は実現していない)

 

新日本プロレスは、タイガー・マスクと小林邦昭

藤波辰爾と長州力

橋本真也と武藤敬司

武藤敬司と蝶野正洋

蝶野正洋と橋本真也などおおくの、イデオロギー対戦が行われてきた。

 

その中で、平成のイデオロギー対決と言えばやはり棚橋弘至と中邑真輔の名勝負は最高であろう。

 

 

「新日本プロレスTogetherプロジェクト」

この2009年11月に行われたIWGPヘビー級選手権は同じ団体のライバル関係がぶつかり合う

天下取りの対戦である。

 

藤波辰爾VS長州力

ジャンボ鶴田VS天龍源一郎

などに共通する、世代交代ではなく同世代が命を削りイデオロギーをぶつけ合う戦い

 

ゾクゾクとする中邑真輔のと棚橋弘至である。

イデオロギ
「思想傾向」人間の行動を左右する根本的な物の考え方の体系。観念形態。「―は社会的立場を反映する」。俗に、政治思想。社会思想。

プロレス冬の時代を支えた中邑真輔と棚橋弘至

その集大成がこのイデオロギー対決と銘打たれた。

 

オカダ・カズチカが凱旋する2年前の出来事

当然内藤哲也がまだロスインゴベルナブレス・デ・ハポン結成前である。

 

2人で新日本プロレス改革に臨み多くのスターレスラーが新日本プロレスから排出される

そんな数年前の中邑真輔と棚橋弘至の戦い



あわせて読みたい記事