アスカ、再びベイリーにはめられる

RAW女子王座決定戦と銘打たれた試合。アスカとサーシャ・バンクスの対戦が行われた。
タイトルマッチで不可解な3カウントを奪われたアスカ。(ベイリーがレフリーとすり替わり3カウント)
ベイリーの罠にハマったアスカ。

女帝アスカ、ベイリーにはめられた。
だがRAW統括のステファニー・マクマホンは、王座移動を許さず。まぁ当然の結果。
だが?アスカの防衛も認めない裁定をだした。王座はどうなる?
ステファニーは王座決定戦を反則なしで決着を要求した。アスカとサーシャ・バンクスに指示した。いや命令。

サーシャ・バンクの試合にいつも介入するベイリーには、警告を鳴らした。
試合は、女アスカが投げっぱなしでサーシャ・バンクを追い詰める。
アスカロックに移行するところで、大きなモニターにカイリ・セインがベイリーから痛めつけられる
姿が流れだした。

試合に手を出せないベイリーは、アスカの相棒カイリ・セインに手を出す行動に出た。
アスカの動揺を誘う作戦。
再び仕掛けたベイリーの罠。

画像出典元
WWE
Asuka vs. Sasha Banks – Raw Women’s Championship Match: Raw, July 27, 2020

アスカは、その姿を見て居ても立っても居られない状態になる。試合を続ければカイリ・セインを見捨てることになる。
リングを降りてカイリ・セインを救出に向かうアスカ。
リングでは、レフリーのカウントが進み遂にカウントアウト。

ダウンした状態のサーシャ・バンクが勝利となった。
再びベイリーの罠にはまったアスカ。
RAW女子王座は正式にサーシャ・バンクのものになってしまった。

呆然とするアスカだが王座奪還を目指す。

歓喜に酔うベイリーとサーシャ・バンクス。ベイリーはSD女子王者、サーシャ・バンクスはRAW女子王者。
それに2人でWWE女子タッグのベルトも保持する。WWE女子はベイリーとサーシャ・バンクスが独占?
アスカは、呆然とする。
サーシャ・バンクのとベイリーの謀略にしてやられたアスカ。

カイリ・セインがスタートからベイリーを追い払う所までは良かった。
しかしベイリーはその先に罠を仕掛けていた。
これで正式にWWE女子タッグ王座とSD女子王者ベイリー、RAW女子王者サーシャ・バンクが誕生してしまった。
だがアスカが諦めるとは思えないが?次なる作戦はあるのか?
何度も修羅場をくぐってきたアスカの反撃が始まる。

試合後、大はしゃぎする新王者チームとは対照的に、医務室から出てきたアスカは失意の表情を浮かべ「何や、あいつら。絶対に取返したる! アーッ!」と声にならない叫びを上げた。またしてもサーシャとベイリーの謀略により、象徴であるロウ女子王座の奪還に失敗したアスカだが、王座を諦めるつもりはない。復讐の炎と燃やして女帝の反撃が始まる。

あわせて読みたい記事