混沌とする新日本プロレス

新日本プロレスで多くの、ストーリーが展開している中
ファンは何処に目線を置くのか?
混沌とする新日本プロレス

オカダ・カズチカは、KOPW2020を提唱、神宮球場で新日本プロレスで新しい試みの4WAYマッチを開催する
オカダ・カズチカは王者になった、キング・オブ・ダークネスEVILに目向きもせずに
ロスインゴベルナブレス・デ・ハポンのお家騒動と言いきり、IWGPのベルトに目も向けない状態である。

KOPW 2020開幕、オカダ・カズチカ、エル・デスペラード、矢野通、SANADAが4WAYマッチに進出

KOPW 2020開幕、オカダ・カズチカ、エル・デスペラード、矢野通、SANADAが4WAYマッチに進出


バレット・クラブとロスインゴベルナブレス・デ・ハポンの抗争は激化を図り
誰が、正義で誰が本物で、誰が頂点か分かったかとキング・オブ・ダークネスEVILは内藤哲也超えをアピールする
バレット・クラブは、結託してロスインゴベルナブレス・デ・ハポンの内藤哲也と高橋ヒロムをいたぶり続ける デック東郷から首を絞められ、痛めつけるも救出にも来ない、ロスインゴベルナブレス・デ・ハポンメンバーに腐ったやつらの集まりだとEVILは言う。

キング・オブ・ダークネスEVIL
画像出典元
NJPW
東スポWEB
キング・オブ・ダークネスEVIL

「ヒロムがやられて、内藤が絞め落とされているのに誰も助けに来ないなんて、ロスインゴはやっぱりクソの集まりだな。内藤、お前はもう崖っ縁にもいねえのかもしれねえな。神宮で同じ痛い目にあわせてやる。

神宮球場で内藤哲也と高橋ヒロムが敗戦すると、EVILの言う様にロスインゴベルナブレス・デ・ハポン内藤哲也は崖っぷちから落とされてしまうのか?

ロスインゴベルナブレス・デ・ハポン終焉を予告するキング・オブ・ダークネスEVIL
IWGPタッグも、相変わらず、タイチ&ザックセイバーjrはやりたい放題である。

棚橋弘至をコケにして、棚橋弘至終焉を導きたいタイチ&ザックセイバーjr
その中で、鷹木信吾の保持するNEVER無差別に挑戦する。
鈴木みのるの行動、発言が気になる。


鷹木信悟と内藤哲也はバカの2大巨頭

鈴木みのるは、鷹木新悟と内藤哲也を馬鹿の2大巨頭と言う。
IWGPではなく、NEVER無差別に標準を絞った理由を、次の行動に必要だから
一番弱そうな相手だからと言い放った鈴木みのる。

NEVERが今、必要なんだ。理由は教えないと煙幕を張りつつ、同時に王者・鷹木への敵意をむき出しにする。

IWGP&インターコンチネンタルがロスインゴベルナブレス・デ・ハポンのお家騒動の延長で複雑になっている事もある。
EVILの造反には、EVILみたいに思ってるやつは、わんさかいると鈴木みのるは言い
お前らの描いてるストーリーなんか全てぶち壊すとまで言った鈴木みのる。

鈴木みのるが狙うのは、新しいユニットの結成なのか?
その為にNEVER無差別のベルトが必要なのか?
神宮球場でEVILと内藤哲也に注目が集まる中、NEVER無差別タイトルマッチ、鷹木慎悟VS鈴木みのる戦の結果は見逃せなくなった。
プロレス王鈴木みのるが神宮球場決戦の後にどのような行動に出るか注目が集まる。



鈴木みのる新NEVER無差別王者となりG1クライマックス2020出場濃厚

鈴木みのるが鷹木新悟を下し、新NEVER無差別王者となった
次の事をやるには、NEVER無差別のベルトが必要だと言った鈴木みのる

鷹木新悟をゴッチ式パイルドライバーで仕留めた鈴木みのる
鈴木みのるNEVER無差別王者を欲しかった理由は?
新ユニット結成でもなく、極論ベルトでもなく

2019年G1クライマックスに落選した結果を踏まえての行動。
G1クライマックス2020への復帰なのかもしれない
王者となったいまG1クライマックスへの復帰は濃厚
新日本プロレスが王者を拒否する事は不可能となる。

50を過ぎた鈴木みのるの執念が新日本プロレスに訴える。

あわせて読みたい記事