KOPW開幕勝者は?

オカダ・カズチカの提唱したKOPW 2020が開幕した、ファン投票で決まる試合形式

 

1回戦の試合形式は、オカダ・カズチカ提案した

ハンディキャップマッチで、オカダ・カズチカVS高橋裕二郎&邪道&外道が対戦

 

SANADAとSHOはそれぞれがサブミッションマッチを提案

サブミッションマッチに決定

矢野通とBUSHIの試合形式は、2カウントマッチに決定

 

小島聡とエル・デスペラードは、必殺技禁止マッチ

それぞれの勝者が、決勝の4WAYマッチに進む

 

試合形式上、強さがそのまま勝利に繋がる事ではなくルールを利用したものが勝利する事になる

ルールとの戦いでもあるKOPW2020



オカダ・カズチカ、SANADA、矢野通、エル・デスペラードが決勝へ

オカダ・カズチカは高橋裕二郎と邪道&外道に苦戦しながらも勝利

提唱者のオカダ・カズチカが負けるわけには行かない

 

KOPW 2020の命運をかけたハンディキャップマッチ

オカダ・カズチカ、KOPW高橋裕二郎に3対1のハンディキャップ対決を要求・・・

オカダ・カズチカ、KOPW高橋裕二郎に3対1のハンディキャップ対決を要求・・・

矢野通とBUSHIの2カウントマッチ

 

矢野通とBUSHIの試合は、2カウントマッチルールで最短時間で試合を決める、矢野通の得意とする試合形式とも言える

BUSHIは、どのように対抗するのか?

 

BUSHIがレフリーが矢野通のチエックに入った瞬間、スクールボーイで丸め込むがカウント1で矢野通はキックアウト

矢野通はBUSHIの顔に消毒液を噴射で丸め込むが、キックアウト

 

まさに、瞬息の試合形式で一瞬で試合は終わる、油断大敵な展開が両者を襲う

KOPW2カウントマッチ
KOPW2020開幕
画像出典元
NJPW

 

BUSHIは矢野の両脚をバンテージでグルグル巻きにし、リング内へ戻す。すると矢野は、「ダメだよ、ダメ!」「ムリ、ムリ、ムリ、ムリ!」「ごめんなさい!」などと叫んで許しを請う。
 しかし、BUSHIがかまわずに低空ドロップキックを浴びせ、転倒した矢野をラ・マヒストラルで押さえ込む。ところが、矢野が体勢を入れ替えて反対にBUSHIを押さえ込み、ついにカウント2を奪取した。

矢野通がKOPW 2020、4WAYマッチに進出

BUSHIは敗戦を悔しがっていた。



小島聡とエル・デスペラードは、小島聡がたまらずラリアットを発射で反則負け

KOPW2020.エル・デスペラード「フィニッシュ限定マッチ」で小島聡と対戦か?

KOPW2020.エル・デスペラード「フィニッシュ限定マッチ」で小島聡と対戦か?

SANADAとSHOのサブミッションマッチ

優勝候補のSANADAのKOPW 2020も開幕

オカダ・カズチカとのライバル関係をライバル関係ではなく、オカダ・カズチカとの新たな戦いを求めてKOPW 2020に参加したSANADA

 

SANADAは、漠然とした参加ではなく、2019年4度のシングルマッチをしたオカダ・カズチカへの特別な思いでの参加

2019年ベストバウトのオカダ・カズチカとSANADAの戦いはハイレベルな戦を展開した

 

今はオカダ・カズチカはIWGPヘビー級王者でもなく、SANADAもシングル戦線で今だ調子が上がらない状況である

是が非でもKOPW 2020の優勝者になるそんな思いがあるSANADA

 

ニュージャパンカップ2020では、元相棒EVILに敗戦したSANADA

KOPW 2020で主役に踊りでるか?

「普通のシングルのタイトルだったら興味は持たなかった。でも普段と違うルール、新しい可能性を秘めた舞台でオカダとぶつかれたら何か面白いのが生まれるかもとは思いました」と話した上で「オカダも自分が考えたタイトルを盛り上げたいだろうし、俺が来ておいしいって思ってるんじゃないですか」と不敵な笑みを浮かべた。

 

 

試合形式は、SANADAが3カウントなしのギブアップマッチ

 

SHOがサブミッションマッチを提案

同じルールなのでサブミッションマッチに決定

新日本プロレスが開幕してからSHOもシングル戦線、ヘビー級との対戦も多い

SANADAを撃破して、結果を出したいSHO

 

SHOが腕ひしぎ逆十字をSANADAに仕掛ける

アームロック、逆十字をSANADAに見舞うも

 

ラウンディング・ボディプレスから足4の字でSHOから勝利したSANADA

KOPW 2020 SANADA
画像出典元
NJPW

この結果、オカダ・カズチカ、SANADA、矢野通、エル・デスペラードが決勝の4WAYマッチに進出となった。

 

 

あわせて読みたい記事