G1クライマックス2017優勝決定戦

〇内藤哲也=Aブロック1位=(34分35秒 デスティーノ→片エビ固め)ケニー・オメガ=Bブロック1位

内藤哲也4年ぶりG1クライマックス優勝

内藤哲也G1優勝

出展元デイリー

 

真夏の新日本リーグ戦、G1クライマックスを制したのは

内藤哲也

前回優勝者のケニー・オメガを破っての優勝

ケニー・オメガは現在新日本トップ外国人

オカダ・カズチカとの激闘も記憶に新しい

そのオメガを破って優勝とは、素晴らしい

これで内藤が、オカダとも互角いや、勝てるとファンに思わせる

雰囲気は出来た。

内藤はリング上で「4年前に頂点に立ったんですが、あの時は背伸びをしていて、正直なことを言えませんでした。今のオレは自信を持って言える。新日本プロレスの主役はオレだ!!」と、過去の決めゼリフを叫んだ。

4年前の内藤は、優勝しながらも、ファンからブーイングを浴び

優勝者に与えられる、ドームのメインからファン投票によりセミ降格した

実力があり、なおかつ華もある内藤がなぜファンに支持されなかったのか?

それは、かっこつけのレスラーにしかファンには映らない側面があり

レスラー内藤は棚橋の影の存在にしか見えなかった

 

このままいけば、内藤も中堅どまり

しかし、2015年内藤自己革命

メキシコ遠征で現地のユニット「ロス・インゴベルナブレス」との出会いで運命は一変する

制御不能を手に入れた内藤は唾を吐き

毒を吐く・・・

内藤は華麗なプロレス+と悪態をつく-を同時に纏ったレスラーに変貌

メキシコで生まれた「ロス・インゴベルナブレス」

ジャパンモードの

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの誕生

これをきっかけに

内藤は仲間を増やし、いままで手が届かなかった、IWGPチャンピオンまで上り詰める事になる

IWGPチャンピオンベルト

新日本プロレスIWGPチャンピオンベルト

 

Sponsored Link


内藤哲也激震

 

内藤哲也は、IWGP獲得後も毒を吐く

オカダ・カズチカを押す会社との闘い

確かに、内藤はチャンピオンの時も発言の効力が薄いと感じてるような発言が多かった

IWGP陥落後、内藤もここまでかと思わせたが

すぐにIWGPコンチネンタルの王者になる

暴挙を重ね、ベルトを粗末に扱い、反感を買う事になる

 

しかし、コンチネンタル王者の内藤は、とても恵まれた戦いをしてるとは

思えない。

中邑真輔の影を引きずる、コンチネンタルのベルト・・

ぶっ壊すには、あれが最善だろうと個人的には思う

その、コンチネンタルのベルトを、棚橋に奪われた内藤は

どのような方向性を見出すのか?

注目が集まった。

見事、G1クライマックスで優勝と言う脚光を浴びる事になる

 

時代が、内藤を求めているのか?

オカダを拒絶するのか

オカダ・カズチカもまた中邑真輔の作ったCHAOS 

凱旋帰国したオカダ・カズチカは完全にヒール

今は、新日本の守護神と化してる

もはや、CHAOSに所属する意味があるか?

と疑問になる

オカダ・カズチカのモデルチェンジも見てみたいものだ

Sponsored Link