ジャイアント馬場

 

ジャイアント馬場とアントニオ猪木は、全日本プロレス&新日本プロレスでしのぎを削ってきた

特に、世代交代が訪れる時期

ジャイアント馬場は、静かに弟子たちに時代を譲った。

 

ジャイアント馬場が提唱した王道プロレス

しかしキャッチフレーズには

 

明るく・楽しく・激しいプロレスを提唱して

ジャイアント馬場は、明るく・楽しいプロレスをベテラン勢で展開した。

人気を博した。ラッシャー木村・永源遥・渕正信・鶴見五郎との

プロレスの世界観はプロレスの奥深さを感じる場面でもあった。

 

ラッシャー木村は、馬場との対決初期は

ババと呼び捨てのパフォーマンスを繰り広げた

 

ジャイアント馬場とタッグを結成した後

アニキと呼ぶマイクパフォーマンスに変わった

まさに愛すべき存在になった。ラッシャー木村

 

激闘するジャンボ鶴田・天龍・三沢光晴の前に展開される

ジャイアント馬場の明るいプロレスは

全日本プロレスの幅の広いファン獲得にも繋がった。

 

ラッシャー木村マイクパフォーマンス出典元YouTube

Sponsored Link

ジャンボ鶴田VS天龍VS超世代軍

ジャンボ鶴田や天龍の決戦

超世代軍のジャンボ鶴田越えなど

とてつもないプロレスを展開した全日本プロレスだが

静かに、解説席で弟子たちを見守った。

 

全日本プロレスの歴史は、日本人VS外国人であった。

アントニオ猪木とは違い日本人抗争などは無縁と思えた全日本プロレス

 

しかし・・・

 

全日本プロレスにも時代の変化が訪れた。

新日本プロレスの日本人対決ブームを藤波辰巳と長州力が作り

全日本プロレスにも日本人抗争が勃発した。

 

エース争いのジャンボ鶴田VS天龍源一郎

世代抗争のジャンボ鶴田VS三沢率いる超世代軍

 

ファンの意見やプロレスファンを大事にするジャイアント馬場は

いち早く、不可解な決着のリングアウトを廃止した。

その結果、全日本プロレスに新たな歴史3冠ヘビー級王座も誕生した。

 

三沢・川田・田上・小橋の四天王プロレスを見た

ジャイアント馬場は、レベルが高すぎて解説出来ないとまでいった。

四天王プロレス

ジャイアント馬場らしい人間味のある解説である

見てるファンも、レベルの高いプロレスに魅了された。

 

このプロレスと裏腹な明るいプロレスが同居した全日本プロレスの人気は沸騰した。

 

 

ジャイアント馬場のドロップキック32文ロケット砲

現在ドロップキックと言えば

オカダカズチカ選手の試合の流れを一気に引き寄せる

打点の高いドロップキックが注目を集める

 

ジャイアント馬場は、オカダカズチカ選手より約20センチ高い209センチ

から放つ人間ロケット砲

勢いをつけてジャンプしてから、両腕を大きく広げ、飛行機のようなフォームで両脚を揃え、顔面に打ち下ろす。現在では新日本プロレスの元IWGP王者オカダ・カズチカが打点の高い美しいドロップキックを使っているが、やはり209センチの馬場の一撃には及ばない。「金が取れる」ドロップキックの元祖である。

 

ジャイアント馬場
画像出典 Twitterから全日本プロレス

ジャンボ鶴田もまたオカダカズチカより身長の高い196センチからのドロップキック

ジャンボ鶴田
画像出典 Twitterから全日本プロレス

 

 

 

Sponsored Link

ジャイアント馬場の存在感

ジャイアント馬場は、リングに立つだけで存在感があった。

タイトルマッチなどに絡むことはなかったが

常に話題を提供した。

明るく・楽しく・激しいプロレス

 

世界最強タッグでは、アンドレザ・ジャイアントとタッグを組んだ

大巨人組の大暴れは痛快だ!!

ひとたび、ジャンボ鶴田や三沢光晴との対戦になっても

一歩も引くことなく、対戦したジャイアント馬場

ジャンボ鶴田や三沢光晴もジャイアント馬場のプロレスに引き込まれていった。

 

ジャイアント馬場の人間性は外国人レスラーからも愛され

新日本プロレスに移籍した外国人レスラーが

全日本プロレスに戻りたいと出戻りするレスラーも数多くいた。

 

新日本プロレスは、猪木・長州・前田などの確執

リング外の様々な出来事があったが

ファンが見たいのは、レスラーの活躍するリングであり

素晴らしい試合である

 

ジャイアント馬場の存在感人間性は全日本プロレスの良き時代でもあった。

 

 

Sponsored Link

関連お勧め記事