CHAOS再びイルミネーションマッチでバレット・クラブに敗戦

CHAOSとバレット・クラブが再びイルミネーションマッチで対戦

前回シリーズでYOSHI-HASHIを拷問したバレット・クラブ

そのシリーズでNEVER無差別級6人タッグ王座を、ジェイ・ホワイト&タマ・トンガ&タンガ・ロアから防衛した、石井智弘&後藤洋央紀&YOSHI-HASHI

 

今回は後藤洋央紀とYOSHI-HASHIがタマ・トンガ&タンガ・ロアの保持する

IWGPヘビー級タッグ王座に挑戦

 

石井智弘はジェイ・ホワイトとシングルマッチで決着戦

そしてオカダ・カズチカはストレス爆発寸前でキングオブ・ダークネスEVILとのシングルマッチが決まった。

 

不完全燃焼で終わったオカダ・カズチカとEVILのシングルマッチ

急展開オカダ・カズチカ、EVILとのシングルマッチ実現も結果は・・

イルミネーションマッチの結果は、最後に残ったオカダ・カズチカとEVILの直接対決

オカダ・カズチカがマネークリップで試合を優位に進める

オカダ・カズチカマネークリップ
画像出典元
NJPW

しかしデック東郷が介入

そしてEVILが巻き返し、レフリーの隙を作って、デック東郷がスポイラーチョーク

ワイヤーでの首締めオカダ・カズチカを失神、EVILの体当たりでオカダ・カズチカをリングから排除

EVILの勝利となった。

イルミネーションマッチは、EVILの生き残りバレット・クラブの2連勝

【退場順】
(1)×矢野(2分39秒 OTTR)チェーズ○
(2)○オカダ(2分45秒 OTTR)チェーズ×
(3)○石井(16分25秒 OTTR)ジェイ×
(4)×石井(16分38秒 OTTR)タンガ○
(5)×YOSHI-HASHI(18分40秒 OTTR)タンガ○
(6)○後藤(19分38秒 OTTR)タンガ×
(7)×後藤(19分53秒 OTTR)タマ○
(8)○オカダ(20分44秒 OTTR)タマ×
(9)×オカダ(22分58秒 OTTR)EVIL○

オカダ・カズチカ✖ キングオブ・ダークネス〇

オカダ・カズチカの正義とEVILの正義

オカダ・カズチカは試合後、EVILとデック東郷の戦いに怒りを表し

バレット・クラブ本当にくそ野郎だな、今まで新日本プロレスが築き上げたきたものを壊すんじゃねえよ。

オカダ・カズチカは2020年から続く、セコンドの介入、反則での勝利

などファンのストレスを代弁した。

 

EVILは、勝ったものが正義として、お前は負けたんだと、完全に負けたんだとEVILの正義を貫く。

この結末はオカダ・カズチカとEVILの直接対決で決めるしかなくなった。

 

 

あわせて読みたい記事