RAW女子王者アレクサ・ブリス

WWE女子アレクサ・ブリス。
RAW女子王者として君臨した2018年

NXT女子を無敗でRAW女子に昇格したアスカと対戦。
ノンタイトル戦ながら女帝を迎え撃つ。

WWE アレクサ・ブリス
画像出典元
ⓒ2018-WWE,-Inc.-All-Rights-Reserved.

WWE女子は大きな変革期。SD女子王者シャーロット・フレアー、RAW女子王者アレクサ・ブリス。
NXT女子からアスカがRAWに昇格。
昇格してもアスカは、NXTから無敗を継続している。
アレクサ・ブリスはアスカの無敗をストップすると豪語。

試合は、アレクサ・ブリスも王者としてアスカにパワフルな攻撃を見せる
何度も場外にアスカを叩きだすアレクサ・ブリス。

アレクサ・ブリスについているミッキー・ジェームスも場外でアスカを踏みつける。
2対1での戦いは避けられないアスカ。

アレクサ・ブリスも必死で3カウントを狙うがキックアウト。
勝負を決めたのはアスカの関節技。

前回のシングルマッチでアスカから、腕十字で敗戦しているアレクサ・ブリスは警戒
だが今回はアンクル・ホールドで締め上げるアスカ。

WWE アスカアンクルホールド
画像出典元
ⓒ2018-WWE,-Inc.-All-Rights-Reserved.

たまらずベルトをもって逃げ出すアレクサ・ブリス。王者らしからファイトスタイルにブーイング。
圧倒的な強さを見せつけたWWEアスカ。

この後抗争中のナイア・ジャックスに追いかけられるアレクサ・ブリス。
時代背景は、アスカがRAW所属で、ロイヤルランブルで優勝。
SD女子王者シャーロット・フレアーに挑戦状を叩きつけて波紋を呼んだ。

RAW所属でSD王座へ挑戦と言う異例を作ってしまったアスカ。
シャーロット・フレアーも無敗のアスカの挑戦を受託した。

WWE女子プロレス初ペイ・パー・ビュー大会・アスカ参戦紫雷イオは?

あわせて読みたい記事