新日本プロレスNEW JAPAN CUP 2018

棚橋弘至が、難敵バッドラック・ファレをリングアウト勝ちで勝利を収めた。
場外で巨体のバットラック・ファレから、バットラック・フォールをくぐり抜けてのリングイン。

首折り弾でファレの巨体を場外へ吹き飛ばした棚橋は、リング外では一転してバッドラック・フォールの体勢に捕らえられる。だが相手の頭上で体を入れ替えて脱出。バランスを崩して前のめりに倒れたファレを置いて20カウント寸前でリングに戻り、リングアウト勝ちを収めた。

棚橋弘至VSバットラック・ファレ
画像出典元 新日本プロレス

勝ち方は、完全フォールとはいかないが
トーナメント戦では、勝ち方にこだわるよりまず決勝に行かなくては意味はない。
右膝負傷復帰の、棚橋弘至は夏G1と同じリングアウトで勝利した。

この頃の棚橋弘至の膝は満身創痍の状態で膝攻めで苦しむ事の多い戦い。

棚橋弘至ジュースに快勝! 決勝戦へ堂々進出!

いよいよ、棚橋弘至の優勝が見えてきた
バットラック・ファレに勝利した棚橋弘至はジュース・ロビンソンと対戦。

勢いにのる、ジュース・ロビンソンから勝利。

NEW JAPAN CUP 2018決勝1番乗りとなった。

棚橋弘至
画像出典元 新日本プロレス

棚橋弘至が、NEW JAPAN CUPで優勝したのは、10年前
もう一度新日本プロレスの頂点に立つ。

決勝の相手はザックセイバーjrとSANADAの勝者。
ストップ・ザ・レインメーカー棚橋弘至

あわせて読みたい記事