SANADAvsアーロン・ヘナーレ広島決戦

レスリングどんたく 2021広島大会。
SANADAは厄介な相手から目を付けられた。

今までのSANADAは、自らがNEW JAPAN CUP優勝やG1クライマック優勝。
IWGPヘビー級王座挑戦者。王者を目指すチャレンジャーだった。
まだ初戴冠出来てないSANADAだが、現在新日本プロレストップ選手。

もはや狙われる存在となってしまったSANADA。
ロスインゴベルナブレス・デ・ハポンも新日本プロレスで飛躍、ロスインゴベルナブレス・デ・ハポンを本格的につぶしに来たユニットUNITED EMPIRE。

前哨戦ではアーロン・ヘナーレにピンフォールを奪われているSANADA。
ユニット戦では分が悪いロスインゴベルナブレス・デ・ハポン。
UNITED EMPIRE アーロン・ヘナーレ、再びSANADAからピンフォール勝ち。内藤哲也は余裕?

UNITED EMPIRE アーロン・ヘナーレ、再びSANADAからピンフォール勝ち。内藤哲也は余裕?

内藤哲也同様シングルマッチで決着を付けるSANADA。
アーロン・ヘナーレのパワーを封じ込める事が出来るか?
アーロン・ヘナーレはStreets of Rageで再びSANADAからピンフォール勝ちを狙う。

俺に勝とうとしたのが、早すぎただけだよ

アーロン・ヘナーレがSANADAを追い込むもSANADAの勝利
SANADA〇vsアーロン・ヘナーレ✖

アーロン・ヘナーレの奇襲から試合が始まる。アーロン・ヘナーレのSANADAへの対策は後半万全であった。
ウィル・オスプレイもセコンドに付き、アーロン・ヘナーレの勝利への機運も高まる。
だがSANADAは、経験値の差を見せた。

Skull Endからのラウンディング・ボディプレスを回避したアーロン・ヘナーレ
逆ドラゴンスリーパーもくらったSANADA。止めを狙ったStreets of Rage。
SANADAはローリングエルボー、ローリングソバット、タイガースプレックスと引き出しを開ける。
だがアーロン・ヘナーレはカウントワンでキックアウトする。

さらに反撃するアーロン・ヘナーレにカウンターを合わせてダウンをとるSANADA。
最後はラウンディング・ボディプレス2連発でアーロン・ヘナーレを沈めてみせた。

SANADA
画像出典元
NJPW

SANADAは、アーロン・ヘナーレの行動力、成長を認めるも。
俺に勝とうとしたのが早すぎたとしめた。

多くの修羅場を経験してきたSANADAの勝利で内藤哲也につなぐロスインゴベルナブレス・デ・ハポン。

内藤哲也vsグレート-O-カーン広島決戦勝者は?内藤時代終焉か?

あわせて読みたい記事