新型コロナウィルス集団感染か?

新日本プロレスの選手が再び新型コロナウィルス感染。
新たに7選手が感染となり新日本プロレス集団感染か?
レスリングどんたく 2021福岡大会で新型コロナウィルス感染が発覚。
カード変更となった新型コロナウィルス。

新日本プロレス選手が 新型コロナウィルス感染 大会の影響は?大会延期決定

新日本プロレス選手が 新型コロナウィルス感染 大会の影響は?大会延期決定

再び感染者が出てしまった。
大会の延期は
決まってるが、今後感染者が増えると2021年の大会が大きく変わりそうである。
プロレス界も当然ながらリスクを背負って戦ってきたが、全国的に広がる第4波の新型コロナウィルス感染。
選手や新型コロナウィルス感染したスタッフの完治を望む所である。
新日本プロレスで新型コロナ集団感染 新たに7選手が陽性判定を受け感染者は計9名に。

現在のところファンは選手達が、安全に試合が出来るまで見守るしかない。

新日本プロレス
1年半余り新型コロナウィルス感染者の出なかった新日本プロレス。
その対策は、スポーツ界、格闘技界でもまれである。それほど新日本プロレスは万全を期していた。
今回の新型コロナウィルス感染は、変異ウィルス、変異株の威力、感染の高さを物語っている。

5月4日福岡大会以降、シリーズ帯同の全選手を対象に実施したPCR検査にて、選手7名が新たに新型コロナウイルス陽性判定を受けましたので、ご報告いたします。

既報通り、5月4日福岡国際センター大会の午前中に発熱のあった選手2名を新型コロナウイルス判定基準に従って検査したところ2名とも陽性となりました。その後、濃厚接触者を含むシリーズ帯同の全選手に対して行ったPCR検査の結果、新たに選手7名の陽性が判明いたしました。

現在、陽性判定を受けた全選手が軽症もしくは無症状ではありますが、保健所、医療機関の指導の下、隔離措置の上、治療に専念してまいります。

新日本プロレス大会再開

新日本プロレスが大会を再開する。レスリングどんたく 2021 福岡大会で終わっていた新日本プロレスの大会。
ドーム大会などが延期されていた。

該当選手も徐々に回復。
濃厚接触者もその隔離を経て、練習再開となった。

新日本プロレス大会開催は、5月22日愛知、名古屋大会からとなる。

新日本プロレスではこれまで、専門家の指導を踏まえて作成した対策ポリシーに基づき、日常的な体温、血中酸素飽和濃度の把握、定期的なスクリーニング検査をはじめとした事前対策とあわせ、会場入りの際の検温、練習中や控室でのマスク着用義務化、弁当形式の夕食を支給しての夜間外出自粛等を実践してまいりましたが、この度の事象を真摯に受け止め、体調管理とスクリーニング検査の手法・頻度の拡充を中心に、さらなる感染対策の強化に努めてまいります。

新日本プロレス再始動

新日本プロレス ヤングライオン 辻陽太がRoad to WRESTLE GRAND SLAMでシングル4番勝負

あわせて読みたい記事