三沢光晴メモリアル武藤敬司vs丸藤正道

武藤敬司と丸藤正道が、サイバーファイトフェスティバルで行うGHCヘビー級タイトルマッチの前哨戦。
武藤敬司は田中将斗、丸藤正道は船木誠勝とタッグを結成。

58歳でプロレスリング・ノアの頂点に立つ武藤敬司。
3人と比べて圧倒的に大きい。

武藤敬司は、三沢光晴メモリアルらしくグリーンのガウン、エメラルド・フロージョン。
と試合に織り込む。


圧倒的な存在感は相変わらずである武藤敬司。

丸藤正道はプロレスリング・ノアの生え抜き。
三沢光晴からプロレスリング・ノアを託された存在と言ってもいい。
丸藤正道は、虎ノ仮面を被って入場して来た。

三沢光晴も2代目タイガーマスクであった。
全日本プロレス 2代目タイガーマスク 仮面を捨てた三沢光晴。

丸藤正道は、GHCヘビー級王者へ返り咲かないとなんのために、自分はプロレスリング・ノアで戦っていたのか?
そう言う。

天才同士の戦いは、虎王、シャイニングウィザード、エメラルドフロージョン。
不知火など技がとびだした、終盤武藤敬司と田中将斗の連携が光。

田中のスライディングDから武藤敬司が、足4の字につないで丸藤正道は、ギブアップ。
三沢光晴メモリアルで敗戦しあ丸藤正道。

サイバーファイトフェスティバルで王座奪還を誓う。

三沢光晴メモリアルエンディングはスパルタンX

三沢光晴メモリアル大会のエンディングテーマはスパルタンX

丸藤正道、秋山準と武道館でタッグ結成歴史と未来が激突

あわせて読みたい記事