取り残された棚橋弘至

中邑真輔の退団した棚橋弘至を見てるファンは物足りなさを感じる。

オカダカズチカに対戦要求する棚橋弘至
画像出典元number

棚橋弘至の行動は、違和感がある。IWGPヘビー級王座の陥落や、田口監督との共闘
内藤哲也とのIWGPヘビー級インターコンチネンタル王座の戦いなど。

それなりに話題を振りまいてきた棚橋弘至だが、棚橋弘至は終わったオカダ・カズチカの時代や内藤哲也の時代が来た。
ファンは棚橋弘至何をやってる?棚橋弘至に失望感も否めない状況。
棚橋弘至は中邑真輔の抜けた穴を埋めるべく戦いを続けていたが
そこにはゴールがなかった事に気付く。

プロレス暗黒時代を支えた棚橋弘至

棚橋弘至どうした?そう感じるプロレスファンは多くいた。
棚橋弘至は、IWGPヘビー級王座に挑戦しないのか?
アントニオ猪木や藤波辰爾、長州力武 藤敬司、蝶野正洋、橋本真也
アントニオ猪木を緩やかに脱皮する。時代の流れに飛び込んできたプロレス暗黒時代。
プロレス最強と信じていたファンの目に飛び込んできたのは、プロレスのスター達が、総合格闘技のリングで次々と敗れキングオブ・プロレスと言われる新日本プロレスは地に落ちた。

総合格闘技がブームになりプロレス暗黒時代に突入!!
棚橋弘至と中邑真輔は新日本プロレスの軸となった若きIWGPヘビー級王者
中邑真輔は、総合格闘技に打って出て勝利しプロレス復権を誓った。

棚橋弘至は、総合格闘技とは無縁のエンターテインメント的なプロレスを
貫く、アントニオ猪木信者の根付く新日本プロレスファン
キングオブ・プロレスとは程遠いチャラ男を演じる。

棚橋弘至へ反発は古くのプロレスファンをプロレスから離れさせる事もあった。
しかし、棚橋弘至、中邑真輔新たなファンを開拓し2人のカリスマが誕生した。
新たな新日本プロレスブームが到来した
選手誰もが、棚橋弘至や中邑真輔の憧れを持ちジェラシーも感じた。

その棚橋弘至の象徴はIWGPヘビー級王座である。
IWGPヘビー級を目指さず中邑真輔の保持していたIWGPインターコンチネンタルばかり目をやる棚橋弘至
オカダ・カズチカは遥か彼方に。

オカダ・カズチカを新日本プロレスから海外へ送り出したのは棚橋弘至

オカダカズチカ壮行試合
画像出典元 新日本プロレス

黒のタイツのオカダカズチカは、若手らしい戦いで棚橋弘至に挑むも、ハイフライフローで敗北

そんな中新日本プロレスを支え続けた新日本プロレス棚橋弘至と中邑真輔
中邑真輔の新日本プロレス退団で棚橋弘至の方向性のバランスが崩れる。
その間オカダ・カズチカやケニー・オメガ、内藤哲也は躍進する。

オカダカ・ズチカ新日本プロレス降臨

オカダカズチカが2012年凱旋してまもなく棚橋弘至の保持するIWGPヘビー級王座に挑戦した
棚橋弘至は連勝記録を11に伸ばしV12の相手がオカダカズチカである。
棚橋弘至の勝利を誰も疑わなかったが、オカダカズチカは勝利し
時代が変わるのか?いや「時代が変わった」と多くの人々が感じた瞬間であった。

オカダカズチカと棚橋弘至

まだ粗削りな、オカダカズチカは、棚橋弘至やAJスタイルズ数々の強敵と戦い、進化完全王者となった
その間、棚橋弘至はIWGPヘビー級王座挑戦から遠のき新日本プロレスから去った、中邑真輔やAJスタイルズの穴を埋めようとIWGPインターコンチネンタル王座などにこだわった。
内藤哲也からは、棚橋弘至の時代は終わった。内藤哲也に敗北し、リングでダウンする棚橋弘至に一礼。
棚橋弘至時代を強引に終わらせるパフォーマンスをみせた。

オカダ・カズチカは、ケニーオメガや内藤哲也との激闘を制し
IWGPヘビー級王座V11までたどり着き、棚橋弘至のWGPヘビー級王座連続防衛記録に並んだ
棚橋弘至が中邑真輔の保持していたインターコンチネンタル王座に拘った結果大きな差が出来てしまった。
オカダ・カズチカ、内藤哲也と棚橋弘至。

怪我から復帰した棚橋弘至は、再びIWGPヘビー級王者になるためNEW JAPAN CUP優勝、オカダ・カズチカへの挑戦を目指す。
NEW JAPAN CUPに出場し優勝を目指したが決勝で敗戦 優勝はザックセイバーjrとなりIWGPヘビー級王座挑戦となる。
優勝したザックセイバーjrとIWGPヘビー級防衛戦を行ったオカダ・カズチカ防衛に成功するとそこに現れた棚橋弘至に嫌悪感を示す。

棚橋さん、あなた何やってたんすか。ケガして、復帰してNJCも準優勝して、つまんねえ男だな。あなたはもう『棚橋さん』じゃなく『棚橋』
画像出典元東スポ

棚橋さん、あなた何やってたんすか。ケガして、復帰してNJCも準優勝して、つまんねえ男だな。あなたはもう『棚橋さん』じゃなく『棚橋』

オカダ・カズチカにとって棚橋弘至は顔じゃなかった。オカダ・カズチカはもう棚橋弘至にリスペクトはなく
IWGPヘビー級タイトルマッチはやるが通過点と言う。

WWEのAJスタイルズは棚橋弘至にまた戦いたい相手と言われながらも、オカダ・カズチカから顔じゃない
内藤哲也から引導を渡された棚橋弘至。
崖っぷちの棚橋弘至は、同世代のAJスタイルズの言葉に奮起する。

俺は何をやってたんだろうと。2016年に(中邑が)抜けて1年目は、俺が穴を埋めないと、と思って空回りして…。雄姿を見届けたんで、決意しましたよ。WMに負けない、世界規模の大会を成功させる。しかも(自分が)メインイベントで。すなわちメインイベントに戻ります。俺がレッスルキングダム(1月4日東京ドーム大会)をWMに肩を並べる大会にします」

棚橋弘至は目が覚めたような言葉を言うが時は遅くオカダ・カズチカの牙城は崩せずIWGPヘビー級連続防衛記録を許してしまう。
棚橋弘至がエースと呼ばれる所以は、常に新日本プロレス、常にプロレス界、そしてファンの思いを背負って戦い続ける事で圧倒的な支持を受ける、棚橋弘至が現役でいる限り棚橋弘至ファンは棚橋弘至をエースとする。
ここから再び棚橋弘至は奮起しIWGPヘビー級王座へ返り咲く。

あわせて読みたい記事