鈴木みのるVS内藤哲也舌戦も面白い

 

新日本プロレスでは、内藤哲也のパフォーマンスで誰も対抗できてなかった

鈴木みのるが内藤哲也に敵意をむき出した事で

リング外の舌戦も面白い

 

鈴木みのるのもつIWGPヘビー級王座インターコンチネンタル王座に内藤哲也が挑戦する

内藤哲也と言えば

2年連続MVPを獲得

その内藤を、後だしじゃんけん

嘘つき呼ばわりして、罵倒する鈴木みのる

みのるは「なんで(内藤が観客の)支持を集めるか知ってるか? 後出しじゃんけんだからだ。巧妙な手口を使う詐欺師、王の目はごまかされないぞ。内藤哲也、俺の前に出てこい」と王座戦での制裁を予告した。

 

後楽園ホール大会で高橋とBUSHIの挑戦を受けるIWGPジュニアタッグ王者のデスペラードは「大将がいないからオレが言うぞ。鈴木軍、イチバーン! お前らLIJが、鈴木軍に勝てるわけがねえんだよ!」と挑発的な言葉を口にした。

鈴木みのるVS内藤哲也
画像出典元東スポ

100戦練磨の鈴木みのる、数多くの団体を渡り歩き

数多くのタイトルを獲得している

鈴木みのるに押され気味の内藤哲也

タイトルマッチで、鈴木みのるに勝利できるかが

今後の、新日本プロレスの流れを決める。

 

Sponsored Link




IWGPジュニアータッグ3WAY

IWGPジュニアタッグでも、鈴木軍VSロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン

が勃発、王者金丸義信&デスペラードに挑戦する高橋ヒロム、BUSHI

 

調印式で、おふざけした高橋ヒロム、BUSHIにデスペラードがきれた

調印式は大荒れ

 

結果は、王者が防衛の結果になった

鈴木軍VSロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン前哨戦は鈴木軍勝利

国国技館大会で3WAY戦で行われたIWGPジュニアタッグ王座戦は、王者組の金丸義信、エル・デスペラード組が制して初防衛に成功した。3チームが入り乱れた一戦はBUSHI、高橋ヒロム組とSHO、YOH組の挑戦者組同士が激しい攻防を展開。だがSHOが大ダメージを負った場面で体力を温存していた王者組がリングイン。デスペラードがピンチェ・ロコを決めて漁夫の利を得た。

 

2年間新日本プロレスに話題を振りまいてきた

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン

鈴木軍に完敗したら存続が危うい

 

内藤哲也と鈴木みのるの前哨戦はイルミネーション戦でも鈴木軍圧勝

鈴木みのるVS内藤哲也
画像出典元東スポ

内藤哲也神話が崩れる可能性が出てきた

プロレスは、マッチメーク、パフォーマンスなど

一気に人気度が変わる

実力、すなわち王者であれば

ファンも認める事が出来る

 

パフォーマンスも含めた人気の内藤哲也は

オカダカズチカVS棚橋弘至の話題が先行する中

 

内藤が鈴木みのるに負ける事になれば、主役の座は一気に

傾くことになりかねないだろう

 

ICのタイトル戦(29日、グランメッセ熊本大会)を約2週間後に控えた鈴木と内藤。この日は敗れた選手と試合権利があってトップロープから転落した選手が退場する、スペシャルイリミネーションマッチで対戦した。

Sponsored Link



あわせて読みたい記事