全日本プロレスチャンピオン・カーニバル(CC)秋山準VS丸藤正道

古巣全日本プロレスのチャンピオンカーニバルに参戦中

プロレスリング・ノアの天才、丸藤正道

プロレスリング・ノア時代の秋山準と対戦しフロント・ネックロックで敗戦した

丸藤正道

 

秋山準が全日本プロレスに復帰移籍したため

5年振りのシングルマッチが実現

プロレスリング・ノアを去った秋山準

プロレスリング・ノアを支えた丸藤正道

 

プロレスリング・ノアでの最後の戦いでは・・

ノアを退団する秋山準と、丸藤正道のシングル対決は21分40秒、秋山が前方首絞めでレフェリーストップ勝ちした。リストクラッチ式エクスプロイダーから、首を強引にきめて絞め落とした。

丸藤正道VS秋山準
画像出典元 日刊スポーツ

丸藤が秋山準と交わる事を5年後誰が予想できただろうか

チャンピオンカーニバル撤退をした秋山準が再度チャンピオンカーニバルに出場した経緯

 

秋山準が直接丸藤をチャンピオンカーニバル参戦要求

丸藤正道が受託チャンピオンカーニバル出場決定

丸藤正道の目的は5年前のリベンジ戦

チャンピオンカーニバル初出場の丸藤

自分の目には秋山準しか映っていない」とまで宣言した

 

この1戦はチャンピオンカーニバル注目カードになった。

 

秋山準VS丸藤正道

試合前の時点で勝ち点8の首位に4人(丸藤、秋山、諏訪魔、ゼウス)が並ぶ中、試合順にゼウスと諏訪魔がそれぞれ敗北。今年のCC随一の注目カードとなる丸藤VS秋山が、Bブロック突破を懸けた一戦になった

試合が動いたのは4分過ぎ。丸藤の顔面蹴りで火がついた秋山は冷酷モードに突入。場外での脳天杭打ちに、マットに顔面から叩きつけるなどエグい攻撃が続いた。 さらに長時間のフロントネックロックで丸藤を締め上げた。あの時のことがよみがえる。最後の一騎打ちで丸藤が敗れた技だった。それでも丸藤はこれを耐え抜くと、18分過ぎから一気に反撃へ。必殺の虎王を連発すると、最後はヒザのサポーターを外し、この試合10発目を浴びせて勝利した。

 

プロレスリング・ノアで勝利し全日本プロレスのに復帰した秋山準

の試合後のセリフは「勝ち逃げできなかったよ…」

試合後は秋山と無言のグータッチを交わす秋山準と丸藤正道

なんとも師弟愛を感じるシーンである

秋山準を撃破し決勝進出した丸藤正道は、狙うは優勝のみ!!

 

チャンピオンカーニバルの歴史に残る戦い

 

チャンピオンカーニバルは、新日本プロレスのG1クライマックスより歴史は古い

数々の名勝負を生んできたが

やはり記憶に残る試合は

秋山準VS大森隆男の戦い

 

四天王時代秋山準は、四天王に次ぐ5強と言われてきた

 

ジェラシーの塊同期大森隆男は、試合前から意気込む

先にリングインした大森隆男

秋山準がリングインと共に奇襲攻撃

 

ゴングが鳴る前にレフリーを秋山に投げ衝突させ

隙をついて必殺アックスボンバー

その後ゴングがなり

そのまま後頭部へアックスボンバー

続けざま、アックスボンバーの体固めで勝利

秋山準VS大森隆男
画像出典元全日本プロレスチャンピオンカーニバル

なんと、7秒で勝利して見せた。

この暴走勝利で強引に秋山を振り向かせた

秋山準VS大森隆男
画像出典元全日本プロレス

 

この結果秋山準に初勝利した大森隆男

全日本プロレスに大森隆男の名を刻んだ

その後

現在病気療養中の高山善廣とノーフィアー結成に至る

 

現在は秋山準と全日本プロレスを支える大森だが衝撃的な試合である

秋山準大森隆男世界タッグ王者
画像出典元全日本プロレス 東スポWEB

 

Sponsored Link


チャンピオンカーニバル3つ巴の戦い

 

チャンピオンカーニバルでは、総当たり戦を行った経過があり

3人が同点で並ぶという事が発生した

その3人は三沢光晴・川田利明・小橋建太

 

抽選の結果、第1試合 三沢光晴VS小橋建太

第2試合 三沢光晴VS川田利明

第3試合 小橋建太VS川田利明

三沢光晴VS川田利明VS小橋建太巴戦
画像出典元全日本プロレス

1試合目の三沢光晴VS小橋建太は30分時間切れ引き分け

インターバルなしで三沢光晴VS川田利明

有利な川田利明は容赦なく技を繰り出す。

顔面蹴り・パワーボム・ストレッチ・プラム・パワーボム・ストレッチ・プラム・パワーボムで勝利

三沢光晴から初勝利となる。

 

三沢光晴VS川田利明
画像出典元全日本プロレス

 

 

圧倒的有利で試合を進める川田利明

 

川田利明VS小橋建太
画像出典元全日本プロレス

 

川田利明の最後のインタビューが自分はくじ運だけで勝ったと

三沢越えを果たした川田利明

 

本当三沢光晴越えは今からです

これが全日本プロレスです。

 

この状況で徹底的に叩き潰しにいった川田利明

四天王の強さを見せた、三沢光晴と小橋建太

この巴戦はチャンピオンカーニバルの歴史に刻まれた戦いであった。

Sponsored Link


あわせて読みたい記事