IWGPヘビー級王座王者オカダカズチカ棚橋弘至をKO

新日本プロレスIWGPヘビー級王座オカダ・カズチカが

棚橋弘至の挑戦を受ける

 

福岡決戦は、オカダ・カズチカの防衛記録更新になる1戦

オカダカズチカは、特に防衛記録には興味がないと言う

対戦相手の棚橋弘至は、ストップザ・レインメーカー

オカダ・カズチカの連続防衛記録にストップをかける

 

新日本プロレス黄金カードと言われた

オカダ・カズチカVS棚橋弘至

今では、オカダ・カズチカが圧倒的な力を持つ

 

前哨戦は棚橋の完敗

いや、全く相手にならないと、揶揄するオカダ・カズチカ

オカダ・カズチカVS棚橋弘至
画像出典元東スポWEB

ツームストーンパイルドライバーを浴びてKOされ、この日も場外での墓石弾でグロッギーとなった。「手も足も出ねえよ…」とうめきながら退場すると、オカダからは「さっさと終わらせてやんぞ。いつまでもふざけた試合してんじゃねえ!」と罵声を浴びた。

 

新日本プロレスでは、棚橋弘至や内藤哲也をオカダ・カズチカより

支持するファンは多い

それは、圧倒的力を付けたオカダ・カズチカに対するファンの嫌悪感

それならば、また皮肉なものである

 

2018年ドーム決戦で内藤が、すべてのシチュエーションを揃えて

オカダ・カズチカの前に立った、内藤哲也が勝てばドラマチックであった。

 

ザックセイバーjrがNEW JAPAN CUPで内藤哲也・飯伏幸太・SANAD・棚橋弘至

サブミッションで撃破し、オカダ・カズチカの前に立った

 

オカダ・カズチカの前に立つ挑戦者達の全てシチュエーションを破壊

王者に君臨しているIWGPヘビー級王者オカダ・カズチカである

 

オカダ・カズチカは言う、シチュエーション重視の棚橋弘至なんか興味はない

実力で来いと

Sponsored Link


連続防衛記録に見る時代の変化

一方メジャー団体であった

全日本プロレス3冠王者

あの怪物と言われたジャンボ鶴田でさえ

 

スタン・ハンセンやテリー・ゴディ

天龍源一郎などが防衛を阻止し

連続防衛は少なかった。

 

鶴田が去ったリングでは、三沢が躍動し

7回の防衛記録

四天王時代は8回

 

三沢光晴達が大量離脱した

全日本プロレス3冠戦は

川田利明が10回の防衛記録となる

連続防衛記録はプロレス界が世代交代時期

多く防衛されることは多い

 

オカダ・カズチカが同世代のレスラーを圧倒している事にも

理由があるだろう

 

新日本プロレスで圧倒的な強さを誇った

アントニオ猪木

負ける事が許されなかったアントニオ猪木

アントニオ猪木卍固め
画像出典元新日本プロレス

オカダ・カズチカはアントニオ猪木の領域に近づくのか

棚橋弘至が圧倒的な力で負けた時

本当のオカダ・カズチカの時代が到来するのかもしれない。

 

 

 

 

鈴木軍VSロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンは鈴木軍圧勝

圧倒的人気を誇る

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン内藤哲也が鈴木みのるに大苦戦

鈴木みのるVS内藤哲也
画像出典元東スポ

数多くの団体を渡り歩き

数多くのプロレススキルを持つ鈴木みのる

全日本プロレス3冠王者

プロレスリング・ノア GHCヘビー級王者

実力で数多くの団体を制圧してきた

鈴木みのるだから言えるセリフである

 

内藤哲也がこの数年主張してきた事

制御不能男と言われリングをわがものにしてきた事を

一蹴「お前のしてきたこと、言ってきたこと、必ず『誰かのせい』なんだ。中学生と言ってること一緒だ。理不尽な足の引っ張り合い、競争、それが世の中だろ。お前はそこで生きていけない。」

 

鈴木みのるが言うとなんとも重みのある言葉に聞こえる

鈴木みのるはこうも言う、

しょせんお前じゃ

棚橋弘至にも、アントニオ猪木のもなれねえんだ

詐欺師野郎、全部引っぺがしてやる

 

Sponsored Link


制御不能男内藤哲也の本領発揮なるか

空回り男と呼ばれた内藤哲也が

メキシコ遠征から

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンを結成

新日本プロレス空回り男から

制御不能男に変身

 

新日本プロレス人気NO1まで上り詰めた

その制御不能男がインターコンチネンタル王者

鈴木みのるに前哨戦では圧倒されている

 

決めゼリフは「トランキーロ」

内藤哲也

鈴木みのるを撃破なるか注目の

インターコンチネンタル戦である

「デスティーノ」運命的な1戦

内藤哲也
画像出典元 日刊スポーツ

 

Sponsored Link


あわせて読みたい記事