オカダカズチカVSケニー・オメガ無制限3本勝負

IWGPヘビー級選手権、史上初となる時間無制限3本勝負。
ケニーオメガが60分越えの死闘を制し、IWGPヘビー級王者となった。

オカダ・カズチカは長時間で試合をするのは望ましくないと
まず1本目をどちらが取るかで、勝敗の優劣は変わると予想。

作戦通り、一本目を28分47秒でレインメーカーからの丸め込みオカダ・カズチカが先取。
試合を優位に進める展開。
1本目を取られたケニーオメガは、大技ラッシュで片翼の天使で二本目を取り返す。
勝負の3本目となる。

迎えた3本目の序盤でレインメーカーを浴びてしまい、起死回生を狙って繰り出した飯伏の必殺技・フェニックススプラッシュもかわされた。しかし、オカダも激闘のダメージから、その後のレインメーカーに力が入らない。最後はケニーがVトリガーから片翼の天使を決め、3本合計で実に64分50秒の大激闘に終止符を打つとともに、2年間に及んだオカダ政権を打倒した。

ケニーオメガIWGPヘビー級チャンピオン
画像出典元 東スポWEB

新日本プロレスリーダーシップチャンピオン

内藤哲也からIWGPヘビー級を取り戻し2年続いたオカダ・カズチカの政権。
オカダ・カズチカのに勝てる新日本プロレスのレスラーいないのでは?
そう思わせる強さを身に着けた、オカダ・カズチカ。

強さゆえアンチオカダ・カズチカが増える矛盾もあった。
内藤哲也の人気に不満を抱えるオカダ・カズチカ。

プロレスには、活性化も必要、チャンピオンが変わるのは好ましい。
プロレス団体の人気上昇につながるのは事実である。

全日本プロレス四天王時代、三沢光晴が絶対王者ではなく
四天王と呼ばれた、三沢光晴、川田利明、田上明、小橋建太を含め
スタン・ハンセンなどの外国人も含め全日本プロレスの至宝、3冠王者を争い
めまぐるしく、チャンピオンが変わった。
ファンは、それぞれの支持するレスラーを応援。試合内容に心酔した。

オカダ・カズチカは、IWGPヘビー級防衛記録を樹立。
ライバル不在は否めない状況であった。

ライバル不在オカダ・カズチカ

今回の敗戦は、さらなるオカダ・カズチカの進化の序章。
となるのは間違いない。
新日本プロレスの頂点に立ったケニー・オメガ。
10年目の節目でIWGPヘビー級チャンピオンを獲得。

日本に来日、飯伏幸太と出会い。
BULLET CLUBに参加、BULLET CLUBリーダーに就任。
IWGP USヘビー級初代チャンピオン。
だが、
BULLET CLUBで内紛が起きる。
飯伏幸太との再コンビ結成でゴールデンラヴァーズの復活。
オカダ・カズチカとの激闘。
話題を振りまいてきたケニー・オメガ。

ケニーオメガの今後の展開は?

全てを異国のプロレスにささげ、そしてついに頂点にたどりついた。試合後のリングではマット・ジャクソン、ニック・ジャクソンの「ヤングバックス」も祝福にかけつけ大団円。ケニーは「この10年、いろいろなことを達成してきた。最後の目標がIWGPヘビーのベルト。これを取ったら、日本を離れるかもしれないとまで思ってましたけど…ですけど、今日の大会、さっきの試合でプロレスの未来を、進化を見ていました。だから、新日本のリーダー、チャンピオンとして次のステップ、前に進みたいと思います」とマイクアピールした。流ちょうな日本語も、異国で重ねてきた努力の結晶の一つだ。 かけがえのない仲間である飯伏とヤングバックスに囲まれ、最高の瞬間を迎えた。「自分は一人ではない。チームで取ったベルトだと思っている」。プロレスの女神はこの日、カナダから来たストイックで仲間思いな男にほほ笑んだ。

ケニーオメガ進化

ケニーオメガが、IWGPヘビー級チャンピオンとなり
俄然注目を浴びる事になる。
絶対王者であるオカダ・カズチカを撃破したケニー・オメガ。
世界ナンバー1の団体WWEから、再オファーなど考えられる。
ケニーオメガもIWGPヘビー級チャンピオンとなり次のステップに入るのか?

アメリカでスーパースターとなる道も。
ケニー・オメガの今の実力なら、WWEに参戦してもスーパースターとなる。

そのケニー・オメガもこのIWGPヘビー級王座獲得を機に新日本プロレスを離れる事になる。
新日本プロレス退団を決意したケニー・オメガ

あわせて読みたい記事