内藤哲也鈴木軍タイチと肩を組む

レッスルキングダムでベルトを総なめにしたロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン
内藤哲也はIWGPインターコンチネンタル
EVIL&SANADAは、IWGPヘビー級
BUSHI&鷹木信悟は、IWGPジュニアヘビー級タッグを、それぞれをリングに持ち込んだ。

鈴木軍タイチに自身の保持するインターコンチネンタルのベルトで襲撃でKOされた内藤哲也
タイチとの遺恨発生でIWGPインターコンチネンタルをかけて選手権試合が組まれ
行われた鈴木軍と10人タッグ前哨戦

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンVS鈴木軍対決である。
内藤哲也はタイチとインターコンチネンタル戦
EVILはザックセイバーと遺恨の決着戦。

BUSHI&鷹木信悟は、金丸義信&デスペラードとジュニアヘビー級タッグを争う遺恨がそれぞれ交錯した。
両チーム激しい展開の中、内藤哲也とタイチはリングで見せたグータッチをすると見せかけて、襲撃
激しい戦いをみせた。

内藤哲也新たなる展開
画像出典元
NJPW
新日本プロレス

試合は混戦の中EVILが金丸を仕留めた。
内藤哲也はタイチをディスティーノでKO
しかしまさかの展開がおこる
内藤哲也がまさかのタイチを介抱

内藤がダウンしているタイチに心臓マッサージの真似事。そしてストンピングを見舞い、場外に蹴落とす。BUSHIはデスペラードと挑発合戦。
鈴木軍が花道を下がると、L・I・Jはグータッチ。内藤はリングを降り、タイチの後頭部に氷のうをあて、さらに肩を貸す。だが、数歩歩いたところで、鉄柵にタイチを叩きつける。さらにマイクスタンドを手にし、殴りかかるとみせかけ、静かに足元に起き、タイチにツバを吐きかける。さらに内藤はセコンドの海野翔太の顔面をかきむしってから、花道をあとに。
内藤哲也VSタイチ

新日本プロレスでは棚橋弘至が、IWGPヘビー級に返り咲き華やかな一面を打ち出しつつも多くの選手が退団・離脱・引退を発表し新たなスターを求めている。
数年はロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンの人気
オカダ・カズチカの強さ
ケニーオメガの台頭で話題を独占してきた。
ケニー・オメガも退団となる。

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンも内藤哲也がIWGPヘビー級王座
レッスルキングダムでメインイベント
2年連続プロレス大賞MVPとなり人気爆発となった。
内藤哲也もしばらくインターコンチネンタルの呪縛から抜け出せていない。

完全王者オカダ・カズチカもケニー・オメガからベルトを奪われ失速
今ではジェイ・ホワイトにかき乱されジェイ・ホワイトに敗北信じられないがいまだ
浮上のきっかけが見つかっていない。
ジェイ・ホワイトがオカダ・カズチカを撃破返す刀で棚橋弘至のIWGPジュニアヘビー級に挑戦となった。

ケニー・オメガが退団ジェイ・ホワイトが新たな外国人エースとして君臨する
内藤哲也とオカダ・カズチカはどう動く?


内藤哲也のウルトラプラン

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン制御不能な男内藤哲也
2108年レッスルキングダムでオカダ・カズチカの持つIWGPヘビー級選手権で敗戦
それ以降挑戦はない
舞い込んできたインターコンチネンタルのベルトとクリス・ジェリコに翻弄された1年
その内藤哲也が腰に巻くIWGPインターコンチネンタル
しかし内藤哲也はこう引き合いにだす。

前IWGPヘビー級チャンピオンケニー・オメガはIWGP・US王者Codyと飯伏幸太と3WAYで選手権を開催。
王者のままIWGPヘビー級に挑戦
インターコンチネンタルのベルトを巻いたままIWGPヘビー級に挑戦2冠となるウルトラプランをぶち上げた。
※まだIWGPヘビー級&インターコンチネンタルの2冠論争が起こる前の事である。

内藤哲也

2月3日に札幌で行われる防衛戦でタイチを迎え撃つが「みなさまの予想通り、おれが防衛することになりますよ」と予告。その上で「去年の10月の両国大会を思い出してください」とIWGPヘビー級王者だったケニー・オメガにUSヘビー級王者だったCodyが挑戦した例をあげ、「他の王座を保持しながらIWGPヘビー級王者に挑戦することは可能ってことでしょ? じゃあ、俺はそこを狙っていこうかな。史上初の偉業を目指しますよ」。前人未到のIWGPインターコンチネンタルとIWGPヘビー級両ベルト保持を目標に掲げた。

棚橋弘至とオカダ・カズチカ
内藤哲也と飯伏幸太そしてジェイ・ホワイトがどう動くか
新日本プロレス前半のカギを握るのは?



あわせて読みたい記事