新日本プロレス退団表明?ケニー・オメガ

レッスルキングダム13で棚橋弘至に敗れ

IWGPヘビー級王座から陥落したケニー・オメガが衝撃発言をした。

新日本プロレス退団と言うショッキングなニュースである。

ケニー・オメガVS棚橋弘至決戦前夜
画像出典元 NJPW
東スポWEB

ケニー・オメガがIWGPジュニアヘビー級チャンピオンになる前

WWEより新日本プロレスが自分を自由にしてくれると言う発言で

新日本プロレス愛を語るケニー・オメガがいた。

WWEを退団新日本プロレスを選んだケニー・オメガ

Sponsored Link
 




ケニー・オメガ退団理由は?

①ケニー・オメガの退団の理由は新日本プロレスとの契約が1月で終わる。

②バレットクラブ崩壊後エリートの盟友、ヤングバックス、cody、ハングマン・ペイジが新団体AEWと契約を結びケニー・オメガもAEWへとの噂も

ROHでジ・エリートとして活躍するチームである。

 

③新日本プロレスで棚橋弘至に敗戦、新日本プロレスでの居場所がなくなった。

ケニー・オメガ自身は自分が最強でなければならなかった。

ユニットが崩壊、ゴールデンラヴァーズは飯伏幸太と結束しているが

飯伏幸太もまた個人色が強く、棚橋弘至を尊敬もしている。

 

ケニー・オメガが棚橋弘至に負けたことによって、新日本プロレスでは棚橋弘至中心で動く事になる、ケニー・オメガにとっては屈辱的な事である。

 

棚橋弘至が言った、プロレスは残酷なものではいけないと

ケニー・オメガが対戦したオカダ・カズチカとIWGPヘビー級級選手権

無制限3本勝負

 

とても誰にも真似出来る試合ではなかった。

しかしケニー・オメガVSオカダ・カズチカを見たいかと言われたらそれは違った。

 

敗戦したオカダ・カズチカは見る影もなく完全王者と呼ばれる姿はなかった。

 

ケニー・オメガが棚橋弘至に敗戦した事でケニー・オメガは新日本プロレスでの居場所を無くしてしまったのかもしれない。

ケニー・オメガ新日本プロレス退団
画像出典元
東スポWEB

ケニーは「今思うとあの試合は主人公を決めるような戦いだった。勝ったほうが正義。少し言い過ぎてしまうけど、俺が頑張ってきたことが最終的には主人公の敵になるためだけだった…それが悔しいことだった。もちろん悪いのは負けた私だ。全て自分の責任」と棚橋戦を振り返った。 さらに気になる今後についても言及した。「今は入れる場所もないし、新日本にいない方がいい。新日本はまた棚橋の時代になった。棚橋の新日本の役に立てない。もちろん棚橋の方が優れているとも、強いとも思ってない。だから、いつかもし再戦があればやりたいかなと思っている。でも今のところはしばらくリングに立たない方がいい。それは新日本だけでなくて、ちょっと休んで考えて…違う作戦をつくる」と語った。引用元東スポWEB

しかし、ケニー・オメガの新日本プロレスで残した功績は大きく

新しいプロレスの世界を作っていった。

全日本プロレスが四天王プロレスと呼ばれた時代このプロレスを超える事の出来る事は出来ないとまで言われた。

三沢光晴や川田利明、田上明、小橋建太がリングで見せた激しいプロレスは試合のたびに進化しまた次の試合を見たいとも思わせた。

そんな四天王プロレスを凌駕し新しいプロレスを展開したアスリート系プロレスであった。
ケニー・オメガがWWEより新日本プロレスを選んだモチベーションは新日本プロレスを世界へと導くためであった。

しかし、棚橋弘至は新日本プロレスの象徴でありケニー・オメガがいくら頑張っても

棚橋弘至が復活の兆しを見せると棚橋弘至に追い風が吹いた。

 

そして棚橋弘至がIWGPヘビー級王座に輝いたことで、棚橋弘至中心に新日本プロレスが動き出す。

 

ケニー・オメガはその棚橋弘至中心に動く逆行した新日本プロレスに協力は出来ないと言うスタンスなのであろう。

噂のAEWへ行くのか、WWEへ行くのかそれとも新日本プロレスに残るのかケニー・オメガの動きに注目が集まる。

AJスタイルズが新日本プロレスを去ったときケニー・オメガが台頭してきた

そして今、ジェイ・ホワイトが新日本プロレスを嵐に巻き込む予感もする。

クリス・ジェリコもAEWへ合流

レッスルキングダム13で内藤哲也とIWGPヘビー級インターコンチネンタル選手権で敗戦したクリス・ジェリコ

米国の新団体AEWへの参加を表明した。

 

IWGPヘビー級US元王者のCody

元IWGPヘビー級タッグチャンピオンのヤングバックス

決起集会に参加したクリス・ジェリコは新しいことは素晴らしい事とコメント

世界を変えてやると発言

 

新日本プロレスのエリートが参加したAWE決起集会

5月25日にネバダ州ラスベガスのMGMグランド・ガーデンアリーナで旗揚げ戦が行われることも発表された。同団体にはこの他、ドラゴンゲートのオープン・ザ・ドリームゲート王座を保持するPACが参戦を表明。今月末で新日本を離脱する意思を表明した前IWGPヘビー級王者ケニー・オメガも合流するのか注目される。

新日本プロレスからも多くの選手が離脱となるが
ケニー・オメガが合流するか注目が集まる

ケニー・オメガ自身は、WWEもあると発言もしている事から

新日本プロレスに残るか?
新団体AEW
世界最大のエンターテインメントプロレス WWEの3択に絞られる。

ケニーオメガ退団決定

プロレス大賞授賞式で正式に新日本プロレスの退団を示した

ベストバウトを受賞

棚橋弘至とオカダ・カズチカ同じフレームに収まったケニー・オメガ

自身3度目のベストバウト受賞となったケニーは、日本語でスピーチした。「来年はこのステージには立てないかもしれない。でも世界で活躍を見せて、また大きい会場でベストバウトを見せます。東スポ大賞がこれで最後ではないとは思うんですけど…またいつかベストバウトかMVPか技能賞か何か取りたい。また会う日まで。グッバイ、アンドグッナイト!」 今年の1月4日東京ドーム大会で棚橋に敗れ、翌5日の後楽園大会に不出場。その後の本紙の取材で、新日プロとの契約が満了する今月限りで日本マットを離れる決意を明らかにした。今回初めて、公の場で意思表示をしたことになる。