G1クライマックスケニーオメガ2連勝

2年連続で決勝に進出しているケニー・オメガ。G1クライマックス連覇を狙う内藤哲也に勝利。
初戦の内藤哲也に勝利。勢いに乗るケニー・オメガ。IWGPヘビー級王座ケニー・オメガ
昨年の決勝戦ケニーオメガVS内藤哲也で、内藤哲也に連覇を阻まれた。
内藤哲也に勝利したケニー・オメガ。

この一戦に勝利し優勝を確信したケニー・オメガ。

ケニーオメガ画像
画像出典 新日本プロレス

2戦目のNEVER無差別級王者後藤洋央紀対戦。のチャンピオン同士の戦いとなった。
初戦でSANADAに勝利。後藤洋央紀もまた勢いにのる。

だが後藤洋央紀は、ケニーオメガの勢いを止める事は出来なかった。

ケニーは昨年のG1優勝決定戦で敗れた内藤に15日の大田区総合体育館で勝利。雪辱を果たしてリーグ戦の好スタートを切っていた。このまま勢いに乗りたいケニーは北側観客席の鉄柵からムーンサルトアタックを繰り出すなど序盤から猛攻に出る。途中、意地を見せた荒武者から猛攻を受ける一幕もあったが、これをことごとくカウント2で返すと、Vトリガー(変型ニーアタック)からの片翼の天使で3カウントを奪った。

内藤哲也優勝戦線に踏みとどまる。

内藤哲也が昨年敗れた石井智弘に勝利。勝敗を5分に戻した。
2敗までリーグ戦突破の鍵と言われているが、ケニーオメガに敗れた内藤哲也。
直接対決での敗戦は大きい。

内藤哲也は、ケニーオメガが全勝したら、自分のリーグ戦突破はないと言う。
それくらい今のケニーオメガがに死角は見当たらない。

ケニーオメガは、ワタシが世界一。もう1回優勝しますと優勝宣言。
ケニーが後藤を撃破して『G1』2連勝となった。

新日本プロレスとAEWの接点?対抗戦は?

一方Aブロックは2敗オカダ・カズチカ
棚橋もジェイ・ホワイトに敗戦
真壁刀義とジェイ・ホワイトが2連勝で首位を走る結果となった。

あわせて読みたい記事