オカダ・カズチカVSケニー・オメガの再戦は?

ケニー・オメガが新日本プロレスを退団して新団体AEWへと移籍した。
ケニー・オメガは団体の副社長として世界最大と呼ばれるWWEへ宣戦布告。

ケニー・オメガはWWEを嫌い。日本で大きくなったプロレスラー。
新日本プロレス最高峰のIWGPヘビー級王座も獲得。
オカダ・カズチカや棚橋弘至らとも名勝負を展開した。

オカダ・カズチカのIWGPヘビー級連続防衛記録をストップさせたのもケニー・オメガである。
オカダ・カズチカとケニー・オメガの時間無制限3本勝負のIWGPヘビー級選手権。

歴史に刻まれた。
あの勝負を出来るのは2人しかいないと認識させられた。
どうであろう光ったのはオカダ・カズチカよりケニー・オメガ。
オカダ・カズチカとケニー・オメガの試合をすぐに見たい?
そう思ったファンは少なかったのではないか?

ある意味満腹感。
オカダ・カズチカから違うレスラーにベルトが移動した事を喜んだファンもいた。
ケニー・オメガは賞味期限と棚橋弘至が言った。
ある意味その事かもしれない。

オカダ・カズチカは外道の裏切りや、ジェイ・ホワイトの頭角などで。
IWGPヘビー級王者だった頃の輝きをなくしたかに見えた。
オカダ・カズチカの強さは本物であった。

ケニー・オメガ~棚橋弘至~ジェイ・ホワイトへ目まぐるしくIWGPヘビー級王者が変わる中。
自らは、NEW JAPAN CUP優勝。
マジソン・スクエア・ガーデンでジェイ・ホワイトの保持するIWGPヘビー級のベルトへの挑戦権を得た。

再び強さを取り戻したオカダ・カズチカはマジソン・スクエア・ガーデンを満杯にしてジェイ・ホワイトを撃破
IWGPヘビー級王者に返り咲いた。

そうなると再びケニー・オメガとの再戦が見たいと思うのもファン心理である。
だがケニー・オメガはAEWへ。
しかし新日本プロレスには常にAEWの影がちらついている。

これを考えたら、オカダ・カズチカVSケニー・オメガの再戦はあり得るような気がする。
そのキーワードはクリス・ジェリコとジョン・モスクリーである。

ケニー・オメガAEWの動向は?

世界中からいろんな選手が集まってくる新日本プロレス。
WWE元チャンピオンクリス・ジェリコ。
WWEの元ディーン・アンブローズことジョン・モクスリー。

WWEを退団したKENTA。
新日本プロレスを去ったケニー・オメガのAEWでは?
旗揚げ戦ではなんとクリス・ジェリコと初代AEW王者決勝へ。

ケニー・オメガはクリス・ジェリコに敗戦
試合後ジョン・モスクリーが乱入ケニー・オメガを襲撃した。

ケニー・オメガがAWE旗揚げ戦
画像出典元
AEW公式

新日本プロレスとAEWの間接的な戦い。

ケニー・オメガに勝利したクリス・ジェリコは、新日本プロレスオカダ・カズチカの保持するIWGPヘビー級に挑戦。
ジョン・モスクリーはジュース・ロビンソンのIWGP USヘビー級のベルトへ挑戦。
ジュース・ロビンソンからIWGP USヘビー級王者のベルトを奪い取って見せた。

モクスリー
画像出典元
NJPW

両者はラリアットの相打ち。ジュースは雄叫びを上げると、左ストレートを狙うが、モクスリーは左ヒザにキック。そして一気にダブルアームDDTを決めるが、ジュースはカウント2でキックアウト。モクスリーは驚きの表情。
ならばとクスリーは今度は高角度のダブルアームDDTを敢行。この一撃で3カウントを奪い、モクスリーがUSヘビー級王座を初挑戦で奪取した。

ジョン・モスクリーの新日本プロレス登場も大きなAEWとの接点でもある。
またさらにこのジョン・モスクリーがケニー・オメガとAEWで対戦する。

間接的に新日本プロレスとAEWの接点が生まれている。

ケニー・オメガVSジョン・モスクリー
画像出典元
AEW公式

元IWGPヘビー級王者、元IWGP USヘビー級王者のケニー・オメガVS現IWGP USヘビー級王者との対戦が組まれた。
もろもろの接点から新日本プロレスとAEWの交流がある以上
オカダ・カズチカVSケニー・オメガの再戦の可能性は否定は出来ないであろう。

新日本プロレスは多くの選手がWWEなどに移籍した。
多くの選手が新たな戦場として新日本プロレスを選ぶ。まさに盤石の新日本プロレス。

常に話題を提供する新日本プロレス。
WWEの様なストーリー性があるエンターテインメントではなく。
スポーツライクな新日本プロレス。それに勝るエンターテインメント性を打ち出す新日本プロレスである。
将来的な新日本プロレスとAEWの対抗戦など実現して欲しい。
KENTA敵地AEWで大暴れ 大荒れの試合はケニー・オメガの片翼の天使で幕

あわせて読みたい記事