IWGPヘビー級王者ケニー・オメガG1制覇偉業達成成るか?

 

ケニー・オメガG1Bブロックで3連勝

 

初戦の内藤哲也に勝利

2戦目の後藤にも勝利し

挑んだ3戦目のバレットクラブ対決

リアルバレットクラブを名乗るタマ・トンガ

 

因縁の対決となった、バレットクラブ対決

ケニー・オメガの反則勝ちとなった。

 

 

ケニーオメガ
画像出典元日刊スポーツ 日刊スポーツ

リーダーを務める「バレット・クラブ」で反旗を翻すタマ・トンガ(36)と因縁の対決。他選手の乱入など混乱のリングの末、最後はトンガの審判への攻撃により9分55秒で反則勝ちとなった。 トンガはロアとファレを連れ立って3人でリングイン。オメガが選手コールを受けているときに、背後からロアが急襲し、リングはいきなり混乱した。場内の大ブーイングの中でオーエンズとペイジが救出に現れ、ようやく試合開始のゴングとなった。

 

Sponsored Link




ケニーオメガが強くなればなるほど内紛が起こるバレットクラブ

しかし、勝利にこだわるケニー・オメガは、タマ・トンガにあいつは1ミリも変わっていないと吐き捨てた

2点獲得する事も、優勝する事もお前には何の意味もないんだろ?

 

G1を愚弄するタマ・トンガに勝利の執念を見せた。

ケニー・オメガの野望は、IWGPヘビー級王者ケニー・オメガがG1クライマックスで優勝する事である。

 

IWGPヘビー級王者がG1の優勝これこそがケニー・オメガの拘り

最強を意味するIWGPヘビー級王者

しかし現実は厳しい、2年程IWGPヘビー級王者だった

オカダ・カズチカですら達成できていない事実

それほど、IWGPヘビー級王者のままG1の優勝を勝ち取るのは難しいという事である。

 

チャンピオンはターゲットにされやすい

チャンピオンを倒して浮上したいと考えるレスラーは絶えない・・

 

過去のG1を振り返ってみても

武藤敬司と佐々木健介がIWGPヘビーチャンピオンで優勝しているが

その数回という事になる。

 

ここ数年のG1優勝者は、ドーム決戦のメインに立ちIWGPヘビー級王者に挑戦できる

権利を勝ち取ることができるのが通例である。

 

Sponsored Link



内藤哲也の人気が不動になったのもこのG1クライマックスでの優勝が大きい

結果内藤哲也はプロレス大賞2年連続と言う快挙もなしとげた。

 

ケニー・オメガの野望

ケニー・オメガの野望はただ一つである

IWGPヘビー級王者のまま優勝し

ケニー自身が、チャレンジャーを指名するという事だ・・

 

しかし、ドーム決戦を盛り上げるためには、最強ケニー・オメガに挑戦する資格をえる

選手が必要である。

 

最強と言われたオカダ・カズチカがケニー・オメガに敗れた今

新日本は外国人天下になろうとしている。

 

Aブロックではオカダ・カズチカが連敗。

ジェイ・ホワイトが3連勝と勢いにのる展開だ

 

このまま、ケニー・オメガとジェイ・ホワイトが連勝していくと

決勝は外国人対決という図式になる・・

ケニー・オメガの野望を阻止する日本人選手が出現するかに注目が集まる。

 

 

 

あわせて読みたい記事