G1クライマックス32内藤哲也、KENTA

新日本プロレスG1クライマックス32
モンスターが集まったAブロック
内藤哲也、KENTACブロックは遺恨、因縁の対戦相手が続く。

その内藤哲也とKENTAが早くも2敗目。
内藤哲也は、後藤洋央紀、棚橋弘至に敗戦。
ここ数年負けた事がない相手に敗戦し内藤哲也。

このままG1クライマックス32は終わってしまうのか?

G1クライマックス後藤洋央紀
画像出典元
NJPW
新日本プロレス

4ブロック制のG1クライマックス32。
ブロックは6戦。2敗が致命的と言われるが内藤哲也の巻き返しは?

3戦目は因縁のEVIL戦、逆転の内藤哲也などないと言うEVILは、コールドゲーム宣言
内藤哲也のG1クライマックス3を終戦に追い込む。

“キング・オブ・ダークネス”EVIL

次は誰だ? 内藤か、オイ。内藤は、あいつは俺が横にいてやったから強かっただけだぞ。見たろ、あいつ? もう2敗だぞ。あいつの『G1』、もう終わってんだろ。逆転の内藤? そんなものは存在しない。あるのは“コールド負けの内藤”のみだ。よく覚えておけ!」

内藤哲也がまだ優勝を諦めていない

内藤哲也のG1クライマックス32への生き残りはEVILとのシングルマッチで決まる。

KENTA次戦は因縁の棚橋弘至

同じブロックのKENTAも2敗。
初戦はザックセイバーjrと好勝負をするもNEW JAPAN CUP覇者ザックセイバーjrに敗戦
迎えた2戦目同門対決EVIL戦は、ディック東郷の介入でリングアウト。

KENTAG1クライマックス32
画像出典元
新日本プロレス
NJPW
G1クライマックス32

KENTAは、試合後コメントでG1クライマックス勝敗をカメラの責任にしたが
崖っぷちか?

KENTAの次戦は棚橋弘至。
欠場の原因となった棚橋弘至とのノーDQマッチ。
リベンジ戦となる。

内藤哲也、KENTAG1クライマックス3敗となれば脱落となる。

棚橋弘至 ノーDQマッチ勝利するも虚無感 KENTAとの激闘IWGP USヘビー級王者へ

デビット・フィンレー 元パートナージュース・ロビンソンに勝利 G1クライマックス32

デビット・フィンレー 元パートナージュース・ロビンソンに勝利 G1クライマックス32