高橋ヒロムIWGPジュニアヘビーベルト返上

新日本プロレススーパージュニアを制覇し頂点へたった高橋ヒロム

スーパージュニア初制覇を成し遂げた。

ジュニアヘビー級のカリスマ獣神サンダーライガーが卒業した

スーパージュニアでの優勝は高橋ヒロムの悲願であった。

野望は、ヘビー級に勝るジュニア

 

獣神サンダーライガーはヘビー級に勝るとも劣らないレスラーで

プロレス界に旋風を巻き起こした。

 

あと一人の目標レスラーはイニシャルKと謎めいた言葉を残したが

金本浩二3代目タイガーマスクである。

 

獣神サンダーライガーがジュニアの象徴なら

金本浩二はジュニアの強さの象徴でもあった。

 

この2人を超えるべきジュニア改革に乗り出した高橋ヒロムは、スーパージュニアを制覇した後、IWGPジュニアヘビー王者ウィル・オスプレイに挑戦

 

IWGPジュニアヘビーのベルトも奪って見せた。

Sponsored Link




2018年後半ジュニアヘビーの主役になるはずだった高橋ヒロム

7月のサンフランシスコ大会移行欠場を続けていた。

首を負傷の情報が流れるが、怪我の症状はわからずファンをやきもきさせていたが

IWGPジュニアヘビーのベルト返上、年内復帰は絶望的と新日本プロレスから発表があった。

高橋ヒロム
画像出典元 東スポWEB

新日本プロレスは20日、都内で会見し、IWGPジュニアヘビー級王者・高橋ヒロム(28)が首の負傷でベルトを返上することを発表した。 ヒロムは7月の米国・サンフランシスコ大会の試合中に首を負傷。会見ではVTRが流され、ヒロムの手紙を公開し「みんなに俺の試合を見せられなくて、とても悔しい」などとつづられていた。 菅林直樹会長は「タイトルの防衛期限が半年間。現状ではそれ以上かかるので、返上してもらうことになりました」と、年内復帰が絶望的な長期欠場の見込みであることが明かした。

高橋ヒロムコメント

 

ヒロムは7月の米国・サンフランシスコ大会の試合中に首を負傷。会見ではVTRが流され、ヒロムの手紙を公開し「みんなに俺の試合を見せられなくて、とても悔しい」などとつづられていた。

 

IWGPジュニアヘビーのベルトをかけたトーナメント

高橋ヒロム怪我のためベルト返上に伴い

新王者決定トーナメントが開催

 

前王者ウィル・オスプレイ

KUSHIDA

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン

BUSHI

マーティースカル

の勝者が新IWGPジュニアヘビーの王者となる

 

高橋ヒロムに要求されたことは、

「ベルトを返上してもらうことになりました。いまよりさらに活性化するために返上してもらう。1000%の回復をして奪いにきてください」と告げた。

Sponsored Link




あわせて読みたい記事