オカダ・カズチカ復活のシナリオは棚橋弘至から権利書を奪う

オカダカヅチカ
画像出典元 number

 

オカダ・カヅチカがケニー・オメガにIWGPヘビー級選手権で敗れ続けざまG1クライマック公式戦で2連敗と衝撃が走った。

髪の色を変えて望んだG1クライマックだったが。

IWGPヘビー級選手権敗戦後無言を貫いたオカダ・カヅチカに最強王者の姿はなかった。

G1クライマック3戦目から連勝を重ねると

 

一転して笑顔のコメントに変えたオカダ・カズチカ

Sponsored Link



その2連敗の間にスルスルと首位に立った棚橋弘至

その2連敗が影響し棚橋弘至との戦いでは、棚橋弘至有利な試合条件で棚橋弘至に引き分けに持ち込まれ優勝決定戦に進めずオカダ・カズチカのG1クライマックは終わった。

 

過去ベルトを持たず望んだのG1クライマックでは、優勝しているオカダ・カズチカだったが

今回は、棚橋弘至に主役を奪われてしまった。

 

そのまま棚橋弘至は、優勝決定戦で飯伏幸太を破り復活優勝を果たした。

Sponsored Link




男・棚橋弘至権利書に挑戦者にオカダ・カズチカを指名

オカダ・カズチカが2019年ドームのメインイベントに立つためには

ケニー・オメガを倒しIWGPヘビー級王座を奪還するか

 

G1クライマックで優勝した棚橋弘至から権利書を奪うしかない。

今年オカダ・カズチカとケニー・オメガは時間無制限3本勝負を行ったばかりで再戦は時期尚早である

予想通りケニー・オメガはG1クライマックで敗戦した、石井智弘を防衛戦の相手に指名

棚橋弘至もG1クライマックで敗戦したジェイ・ホワイトを指名するものと誰もが予想した。

 

しかし、棚橋弘至は迷わず権利書防衛戦の相手にオカダ・カズチカを指名した。

オカダ・カズチカにとっては最大のチャンスが舞い込んできた。

棚橋弘至はリスクを背負う事無くドームのメインへ返り咲きも出来たはずだが

さすがプロレス界を救ってきた救世主棚橋弘至の男気である。

 

しかし、オカダ・カズチカに最強王座復活のチャンスが巡ってきた事には間違いがない。

棚橋弘至を撃破し再度ドームのメインを目指すシナリオが出来た。

 

オカダ・カズチカはIWGPヘビー級連続防衛記録更新中に強すぎる余りブーイングを受けてきた。

人気内藤哲也に奪われ、チャンピオンでありながら悪役扱いであった。

しかし一度IWGPヘビー級王座陥落はしたが、再生したオカダカヅチカが楽しみである。

 

プロレス団体はチャンピオンが変わっていくのが望ましく、ファンはそれぞれ好きな選手に思い入れが出来るものである、しかし強すぎたオカダ・カズチカには反発が起こってしまう理不尽さも経験した。

 

新日本プロレスの未来はオカダ・カズチカの肩にかかているのは間違いない

新日本プロレスに外敵が登場した時に、オカダ・カズチカの実力が発揮できるのかもしれない

 

棚橋弘至の権利書防衛戦に挑むオカダ・カズチカ復活にも期待したい。

Sponsored Link



 

あわせて読みたい記事