オカダ・カズチカVS外道

レインメーカーオカダ・カズチカを発掘

新日本プロレスのIWGPヘビー級チャンピオンに育て上げた

フィクサー外道

 

2018年外道が、オカダ・カズチカを裏切りオカダ・カズチカからジェイ・ホワイトに乗り換えた。

新日本プロレス凱旋帰国、棚橋弘至に下克上を叩きつけ、見事IWGPヘビー級チャンピオンになったオカダ・カズチカ

 

しかし、オカダ・カズチカの強さは理解できたが、オカダ・カズチカが何を目指すのか?

若く観客の心を掴む事は難しかった。そこでフィクサー外道が、オカダ・カズチカの代わりに喋り倒した。

 

レインメーカー・外道のレェベルが違うんだよなど、オカダ・カズチカの試合の後には外道がオカダ・カズチカの言葉を代弁した。

 

外道のレェベルが違うんだよ
画像出典元 新日本プロレス

そのオカダ・カズチカを育てた外道が、オカダ・カズチカを裏切る衝撃的な出来事が起きた。

オカダ・カズチカは、IWGPヘビー級防衛記録を作り

ケニー・オメガと世界一の試合と評価され

 

世界でレスラーとしての評価はウナギのぼりでもあった。

リングでオカダ・カズチカがしゃべる場面も増え、外道がの出る幕が減った。

オカダ・カズチカは外道とのコンビ解消を口にし始めていた。

 

外道もレインメーカーにもう俺は不要だとも発言していた。

 

そんな矢先に、オカダ・カズチカはケニー・オメガに敗れIWGPヘビー級王座を失った。

タイトルマッチ後のシリーズG1クライマックスでオカダ・カズチカは優勝は必須であったが、元気のないオカダ・カズチカは同門であるジェイ・ホワイトに敗戦してしまう。



外道の裏切りは

オカダ・カズチカはとのコンビ解消は迫っていた。

外道は自分がフィクサーでいるためには新しい相棒が必要と考えた。

 

オカダ・カズチカの外道不要に対して憤慨していたのかもしれない

お前をここまでしてきたのは誰だ? そう言いたかったのかも。

 

その言葉通り、ジェイ・ホワイトに外道は乗り換えた。

そのタイミングは、ジェイ・ホワイトがオカダ・カズチカに勝利した瞬間。

今夏のG1でジェイがオカダに勝利した時点で“乗り換え”を決意したという。「あれ見て『こいつだ』って思ったね

ジェイ・ホワイトのオカダ・カズチカ急襲は、黒幕外道の仕業という事である。

外道の目利きは確かで、オカダ・カズチカを裏切った後、オカダ・カズチカを圧倒している。

本隊と組んだCHAOSチームもバレットクラブのジェイ・ホワイトに圧倒され

最後は大の字がお決まりになっている。

 

どんなに追いこもうが、最後はこの場面を見る事が多くなった。

棚橋弘至&オカダ・カズチカ
画像出典元 東スポWEB
Sponsored Link




フィクサー外道の生き方。

1,4を控えたジェイ・ホワイトが欠場となり異例の

オカダ・カズチカVS外道が「組まれた。

圧倒的実力差のある一騎打ちである。

 

勝敗など全く興味がない戦いで

オカダ・カズチカになんのメリットがあるかもわからない

ただ、外道を制裁するための試合なのかと思うしかない。

外道は、急所攻撃、邪道の介入で試合を組み立てる。

 

そこに、欠場中のジェイ・ホワイトまで現れ3対1の図式を作り出す外道

まさに、戦略家でオカダ・カズチカを圧倒する。

 

試合は、オカダ・カズチカがレインメーカーで外道に止めをさすも。

またしてもジェイ・ホワイトにKOされるオカダ・カズチカ

オカダ・カズチカVS外道
画像出典元 新日本プロレス

オカダ・カズチカがジェイ・ホワイトに制裁をしたくても外道の戦略にはまりまったくうまくいかない。

 

棚橋弘至と越境タッグを実現し話題を呼んだが、バレットクラブに返り討ちに合う始末

格下に見ていたジェイ・ホワイトが本物に見えてくる始末である。

 

オカダ・カズチカが棚橋弘至に下克上を叩きつけトップにいったように

ジェイ・ホワイトがオカダ・カズチカを踏み台にしている

外道は、オカダ・カズチカ終焉を予告する。

 

ジェイ・ホワイトがオカダ・カズチカの全てを上回っているとオカダ・カズチカ時代の終わりを予告した。

 

外道の生き方は、その名の通り人の道を外れた外道という事

オカダ・カズチカよりベターな人間が現れただからそちらと組むこれが外道の生き方である。

プロレス界で生き残るすべを外道は熟知しており、オカダ・カズチカは最大の人物を敵に回したのかもしれない。

 

オカダ・カズチカが1,4でジェイ・ホワイトに敗戦となれば新日本プロレスに衝撃が走る事になる。



あわせて読みたい記事