レッスキングダム15in東京ドーム大会で敗戦、歯車が狂ったジェイ・ホワイト

レッスキングダム15in東京ドーム大会で飯伏幸太に敗戦

試合後自らは死に近い状態である、こんなことはもうやりたくないと叫んだジェイ・ホワイト

敗戦後は1人でインタビュールームに来たジェイ・ホワイトは怒り狂う

 

泣きじゃくる、挙動不審、情緒不安定となっていた。

外道もいないインタビュールーム

誰もいないのか?自分を笑っているのか?など自虐・・※外道は試合に介入飯伏幸太からカミゴェでKOされる

飯伏幸太の言葉を用いて神には慣れたはずなのに・・

 

自分が選んだ道は間違っていたのか?とジェイ・ホワイトは悶絶した。

ジェイ・ホワイトWRESTLEKINGDOM15
画像出典元
NJPW

 

しかしジェイ・ホワイトが叫べば叫ぶほど、2日連続戦った飯伏幸太が光事になる。

神になった飯伏幸太、最高のベルトと最強のベルト統一へ、時期挑戦者はSANADA

 

新日本プロレスを選び入団、IWGPヘビー級王者となるべく、新日本プロレストップになるべく

バレット・クラブ入りを勧められた、ケニー・オメガとも手を組まなかったジェイ・ホワイト

 

ケニー・オメガも倒したジェイ・ホワイト

ジェイ・ホワイトはなぜ強い?ケニー・オメガも棚橋弘至もオカダ・カズチカも凌駕したプロレススタイルとは?

オカダ・カズチカ率いるCHAOSに所属するも外道と結託、オカダ・カズチカを裏切りオカダ・カズチカを倒したジェイ・ホワイト

ジェイ・ホワイトはなぜ強い?ケニー・オメガも棚橋弘至もオカダ・カズチカも凌駕したプロレススタイルとは?

棚橋弘至からIWGPヘビー級王座を奪い、IWGPヘビー級王座に君臨した若き天才ジェイ・ホワイト

全ては順調だった、2020年レッスキングダム14で内藤哲也に敗れたが

2020年パンデミックの中、自らを2021年レッスキングダム15メインまで引き上げたが敗戦

 

G1クライマックス30翌日の大会NEW YEAR DASH!!でCHAOSとバレット・クラブで戦ったジェイ・ホワイト

 

前日の激闘で体は満身創痍テーピングを巻き試合に挑む、ジェイ・ホワイトは石井智弘からピンフォール負けとなる衝撃

2日連続の敗戦となりその後ノーコメント

 

そのジェイ・ホワイトに不穏な噂が流れる

ジェイ・ホワイト、新日本プロレス退団、WWEへ?

など新日本プロレスファンにとっては穏やかでない噂




ジェイ・ホワイト、新日本プロレスとの契約はいつまで?

ジェイ・ホワイトと言えば、世界から見ても喉から手が出る選手として評価は高い

ウィル・オスプレイとジェイ・ホワイトは世界が欲しいレスラーである。

 

過去WWEより新日本プロレスを選んだケニー・オメガ

新日本プロレス改革を進めたが、思いは頓挫、契約が更新となるとき

新日本プロレスを退団、新団体AEWへと移籍した。

ケニー・オメガ新日本プロレス退団からAWEの副社長へ

2021年現在のケニー・オメガは悲願のAEWヘビー級王者に君臨いている。

 

ケニー・オメガの新日本プロレス退団も衝撃であったが、ジェイ・ホワイトやウィル・オスプレイが

新日本プロレスを退団となればまたそれは衝撃となる。

過去日本での引き抜き合戦で、新日本プロレスと全日本プロレスが選手を取り合った時代もあったが

現在では契約終了で世界の団体に移籍

 

また世界の団体から新日本プロレスへ移籍など時代は変わった。

ジェイ・ホワイトの新日本プロレスとの契約は今月1月で終了との噂も

これを機に、WWEや他の団体へ移籍も視野に入れていると報道の噂
ジェイ・ホワイトが新日本プロレスを選ぶ可能性は50%と言う噂もある。

信憑性があるのはケニー・オメガ新日本プロレスを退団した時も報道が先に先行した

果たしてスイッチブレード、ジェイ・ホワイトは新日本プロレスを退団するのか?




 

ジェイ・ホワイト最後のコメントは・・

多くのものを犠牲にしてプロレスにささげてきたジェイ選手。「全てを出し尽くした」「俺の新時代なんて存在しなかった」「もうこんなことできない」「1月6日の試合には出るが、それで終わりだ」と発言したのです。

消えた新日本プロレス選手プロフィール

新日本プロレス選手プロフィールからジェイ・ホワイトの名前が消えた。

ジェイ・ホワイトの新日本プロレス退団の噂が流れ

新日本プロレス選手プロフィールからジェイ・ホワイトの名前が消えた。

 

AEWのケニー・オメガが、新日本プロレスを退団するときにジェイ・ホワイトを誘った経緯もある

現在ケニー・オメガがWWEを退団した、元バレット・クラブのカール・アンダーソン

ギャローズとユニットを再結成、ジェイ・ホワイトAEWへ移籍の可能性もあるのか?

 

憶測が憶測を呼ぶ

新日本プロレス選手プロフィール

あわせて読みたい記事