ジェイ・ホワイトIWGPヘビー級王者に君臨

彗星のごとくIWGPヘビー級王座を奪ったジェイ・ホワイト

ジェイ・ホワイトの強さはいったいどこにあるのか?

劇的な変化を見せたジェイ・ホワイトだがジェイ・ホワイトに言わせれば必然であり

当たり前と言う

ジェイ:確かにファンの間では、俺が突然、不自然な変化をしたように見えているんだろうね。プロレスに限らず、ファンって自分たちが予期していなかった出来事に対して、とかくネガティブに捉えるものだから。

新日本プロレスに入団ヤングライオンとして戦ってきたジェイ・ホワイト

ヤングライオン時代のジェイ・ホワイト画像

ヤングライオンとして日本人新人と同じ生活を送るジェイ・ホワイト


海外遠征から帰国当時棚橋弘至が保持するインターコンチネンタルのベルトに挑戦

したが敗北まだ時期尚早かとファンも流した。

 

2018年にはWGPヘビー級王座になる前のケニー・オメガが初代IWGP USヘビー級王座となった。

レッスルキングダムではクリス・ジェリコとの防衛戦を果たし乗りに乗るケニー・オメガは新日本プロレスを世界に導くと豪語した。

ケニー・オメガはバレット・クラブにジェイ・ホワイトを勧誘一旦受けたと見せかけて

ケニー・オメガをブレード・ランナーでKOし王座挑戦を獲得して見せた。

自ら仕掛けた最短距離の挑戦の方法であろう。

ケニー・オメガにとってはIWGP USヘビー級選手権はジェイ・ホワイトの制裁マッチであった。

 

しかしジェイ・ホワイトはケニー・オメガに勝利してみせた。

振り返ればオカダ・カズチカも同じシチュエーションで敗戦した。

 

ケニー・オメガと共闘するより戦う事でいち早くトップに躍り出る可能を選んだとすればジェイ・ホワイトはしたたかと言う事になる。

CHAOSに入ったのもIWGP US王座に挑戦すると言う選択肢であろう。

バレットクラブ入りをした瞬間US王座の挑戦はなくなるのだから。

 

日本人の若手であれば人気のあるユニットのリーダの力を借りてのし上がる事はある。

一番注目されるケニー・オメガをけったジェイ・ホワイト

ジェイ・ホワイトはインタビューでこう発言している。

俺は着々と事を進めるタイプなんだよ。大きな夢を実現させるために、何が必要なのかを考えて、常に小さな目標を設定し確実にクリアしていくんだ。

今となっては冷静な天才としか言わざるえない。

Sponsored Link




CHAOS加入表明からオカダ・カズチカを裏切るまで。

ケニー・オメガと遺恨を残し迎えたIWGP USヘビー級選手権で勝利したジェイ・ホワイトであったが、注目はやはりファンの注目はオカダ・カズチカとケニー・オメガの対戦に向いていた。

 

同門CHAOSのオカダ・カズチカIWGPヘビー級チャンピオンを保持してるかぎり挑戦はない。

しかし状況は一転

小さなことを積み重ねるジェイ・ホワイトにとって最大のチャンスが訪れた。

 

オカダ・カズチカがケニー・オメガに敗北となりIWGPヘビー級王座を失う。

この時オカダ・カズチカとジェイ・ホワイトを比べるなどあり得ない。

状況的に存在しないと言う事である。

 

 

万が一比べたとしても

オカダ・カズチカが絶対に強いとまずファンは言葉に出るに違いない。

 

G1クライマックスが開幕

注目は内藤哲也の連覇はあるか?

オカダ・カズチカはどう復活するか?

これが最大の注目であったろう。

 

しかしジェイ・ホワイトは同門対決のオカダ・カズチカに勝利してみせた。

椅子を振りかざすジェイ・ホワイト

椅子をよけたオカダ・カズチカは、ドロップキック2連発からツームストンパイルドライバー

そしてレインメーカーがズバリときまった。

いつもみる光景のオカダ・カズチカのフィニッシュしかしレフリーのカウントが入らない。・・

 

左手でレフリーをダウンに追い込む荒業でピンフォールを回避

その後オカダ・カズチカに金的攻撃

椅子攻撃

ブレード・ランナーでピンフォール勝ちを奪った。

ジェイ・ホワイトがオカダ・カズチカに勝利
画像出典元
NJPW
新日本プロレス

ふてぶてしい態度を見せるジェイ・ホワイトは若手がオカダ・カズチカを介抱し首を冷やす氷を奪って自分の首を冷やす。

まさにふてぶてしさ全開で反感をかうジェイ・ホワイトはヒールそのものである。

しかしオカダ・カズチカは余裕のコメントをした

 

反則も、同門だから許すと遺恨を残さない発言であった。

しかしこの事がオカダ・カズチカを首を絞める事になる。

 

翌日棚橋弘至を撃破勝利したジェイ・ホワイト

この時点で、ケニー・オメガとオカダ・カズチカと棚橋弘至に勝利した事になる。

それでもジェイ・ホワイトには注目が集まる事はなかった。

 

反則まがいで勝利したジェイ・ホワイト

それでも、ブレード・ランナーの破壊力は抜群でケニー・オメガもオカダ・カズチカもフィニッシュを返されてのピンフォール負けとなっている。

G1クライマックスは棚橋弘至の優勝で幕を閉じた。

 

優勝した棚橋弘至は同じブロックで負けたジェイ・ホワイトではなく

引き分けたオカダ・カズチカを権利書防衛戦の相手に指名した。

 

ここで引き下がるジェイ・ホワイトではなく

事もあろうにオカダ・カズチカのフィクサー外道と結託

 

棚橋弘至VSオカダ・カズチカの試合後乱入

オカダ・カズチカを裏切って見せた。

そしてバレットクラブ入りとなった。

 

ジェイ・ホワイトバレットクラブ入り
画像出典
NJPW

しかし、なぜジェイ・ホワイトは棚橋弘至ではなくオカダ・カズチカにターゲットを絞ったのか?

いやジェイ・ホワイトは棚橋弘至とオカダ・カズチカにターゲットを絞った

そしてCHAOSを離脱する事に意味があったのだろう。

 

フィクサー外道オカダ・カズチカとの決別の瞬間

 

棚橋弘至VSジェイ・ホワイトの異例の2回目の権利書防衛戦が行われた

この時点で、ジェイ・ホワイトが棚橋弘至に勝利すると

 

レッスルキングダム13はケニー・オメガVSジェイ・ホワイトとなる

しかし勢いのある棚橋弘至はジェイ・ホワイトをなんとか抑え込んだ。

 

一方オカダ・カズチカはジェイ・ホワイト征伐に乗り出すもうまくいかず

棚橋弘至とドリームタッグを結成という運びになる。

Sponsored Link



新時代のアスリート系プロレスと一線を画すジェイ・ホワイトのプロレススタイル

 

イデオロギー闘争と呼ばれた

ケニー・オメガと棚橋弘至のIWGPヘビー級選手権

 

棚橋弘至はケニー・オメガのアスリート系スタイルと言うものを否定した。

しかし今回IWGPヘビー級王座を失ったジェイ・ホワイトのスタイルを否定することななかった。

 

ジェイ・ホワイトもケニー・オメガのレスリングを軽く否定する。

自分の体を酷使しなくとも勝てると言わんばかりである。

 

ケニー・オメガに勝利した片翼の天使を返してブレード・ランナーでKO

オカダ・カズチカもブレード・ランナーでKO

 

棚橋弘至も痛めた膝を攻撃されハイフライフローをかわされブレード・ランナーでKO

 

ジェイ・ホワイトのレスリングはかって王者と言われた

NWA世界王者リック・フレアーなどのレスリングスタイルに相通じるものがある。

 

のらりくらりではないが相手が痛めてるところがあればそこを一点攻撃

弱ったところを一撃で仕留める

自分が負けそうになるとレフリーでも巻き込み勝利に持ち込むなど。

 

負けないレスリングスタイル

 

リック・フレアー

ハーリー・レイス

ニック・ボック・ウインクル

当時世界最高峰と言われたNWA世界ヘビー級チャンピオンとAWA世界ヘビー級チャンピオンを何度も防衛した強者である。

 

ジャイアント馬場やジャンボ鶴田の時代に活躍対戦したレスラーたちである

この2人でも容易に勝てる相手ではなく

戦術的に優れていたレスラーである。

ジェイ・ホワイトが仕切りに、俺はファンから認められないがこれが現実だという

 

しかしジェイ・ホワイトは前哨戦で棚橋弘至の膝をつぶし

選手権でIWGPヘビー級王座を奪った事実だけ残る。

 

改めてプロレスは奥が深いと感じるケニー・オメガや飯伏幸太、ウィル・オスプレイがみせるアスリート系

から棚橋弘至のファイトスタイル

ジェイ・ホワイトが棚橋弘至を潰してみせたファイトスタイル

 

今後内藤哲也がオカダ・カズチカがどうジェイ・ホワイトと絡むか注目でもある

内藤哲也でも飯伏幸太でも誰でも来いと言うジェイ・ホワイト

棚橋弘至からIWGPヘビー級を奪ったジェイ・ホワイト
画像出典
NJPW
IWGPヘビー級選手権

みんなエキストラだと息巻くジェイ・ホワイトの天下は続く

レインメーカーショックからスイッチブレードショックに・・

若干26歳の若者が新日本プロレスの天下を取った。

勝ったものが一番となる。

Sponsored Link



 

あわせて読みたい記事