ジャイアント馬場没20年追善興行IWGPヘビー級王者棚橋弘至と3冠ヘビー級王者宮原健斗そろい踏み

ジャイアント馬場追善興業が発表されプロレスオールスター戦が開催となる。

馬場さん追善興行プロレスオールスター戦

発起人となった天龍源一郎と坂口征二、秋山準だが天龍源一郎は軌道に乗った後発起人から外れた、オールスター戦と銘打たれたが、ジャイアント馬場に関係した選手の出場が多くみられる。

その追善興行のメインエベントが発表された。

オールスター戦が決まってから、いち早くIWGPヘビー級王者棚橋弘至との対戦を熱望していた現3冠ヘビー級王者宮原健斗その後棚橋弘至との対戦を熱望した、BJW認定世界ストロングヘビー級王者・関本大介

その2人の意向を叶えるように

棚橋弘至&ヨシタツVS宮原健斗&関本大介

新日本プロレスのIWGPヘビー級王者・棚橋弘至(42)、元世界タッグ王者・ヨシタツ(41)組対全日本プロレスの3冠ヘビー級王者・宮原健斗(29)、大日本プロレスの世界タッグ&BJW認定世界ストロングヘビー級王者・関本大介(37)組のタッグ戦に決まった。

棚橋弘至はジェイ・ホワイトとのIWGPヘビー級王者選手権

宮原健斗は諏訪間との3冠ヘビー級選手権を控えているが大会時点では

IWGPヘビー級王者棚橋弘至

3冠ヘビー級王者宮原健斗となり

IWGPヘビー級王者VS3冠ヘビー級王者の対決となる。

 

3冠ヘビー級王者VSIWGPヘビー級王者対決
画像出典元
全日本プロレス
新日本プロレス

IWGPヘビー級王者VS3冠ヘビー級王者の対決は小島聡が全日本プロレスへ移籍

IWGPヘビー級王者天山広吉と対戦

小島聡が天山広吉をくだし3冠ヘビー級とIWGPヘビー級の4冠王者となった。

4冠となった小島聡は時の人となる。

 

今回の棚橋弘至と宮原健斗の戦いでベルトの移動はないもののIWGPヘビー級王者VS3冠ヘビー級王者対決となれば興味深い1戦となる。

Sponsored Link
 




特に宮原健斗が棚橋弘至に学ぶことは多く大きな収穫となり全日本プロレスを全盛期の時代へ導くことになればよい。

全日本プロレス社長秋山準は全日本プロレスVS大日本

全日本プロレスVSプロレスリング・ノアを容認しており。

 

棚橋弘至を巡って、宮原健斗と関本大介の対立も予想される。

試合中遺恨勃発となれば、新たな火種も予想される。

懐かしい選手も来場でするオールスター戦

全日本OBとしては鉄人・小橋建太、川田利明、田上明が来場。「アブドーラ・ザ・ブッチャー引退セレモニー」には武藤敬司、初代タイガーマスク、新間寿氏らの来場も決まった。 既報カードは以下の通り。▽ミル・マスカラス、ドス・カラス組対カズ・ハヤシ、NOSAWA論外組▽秋山準、小島聡、大森隆男組対永田裕志、太陽ケア、西村修組▽ストリートファイト・トルネードバンクハウス8人タッグデスマッチ=大仁田厚、ケンドー・カシン、鈴木秀樹、保坂秀樹組対グレート小鹿、長井満也、石川修司、佐藤光留組▽3WAYタッグ戦=SANADA、BUSHI組対ジェイク・リー、岩本煌史組対海野翔太、吉田綾斗組▽渕正信、藤原喜明、青柳優馬組対タイチ、金丸義信、TAKAみちのく組▽本間朋晃、岡林裕二、野村直矢、成田蓮組対宮本和志、橋本友彦、橋本大地、野村卓矢組▽ジャイアント馬場メモリアルバトルロイヤル(レフェリー・マイティ井上)=キム・ドク、百田光雄、ジョー・ディートン、菊地毅、垣原賢人、井上雅央、MEN’Sテイオー、本田多聞、相島勇人、TARU、土方隆司、ヤス・ウラノ▽アブドーラ・ザ・ブッチャー引退セレモニー▽特別ゲスト=スタン・ハンセン

Sponsored Link


あわせて読みたい記事