新日本プロレス春のG1 NJC開幕

優勝はIWGPヘビー級王者ジェイ・ホワイトとマジソン・スクエア・ガーデンでIWGPヘビー級選手権が約束されている。

NEW JAPAN CUP

史上最大の参加メンバー32人で争われる。

トーナメント形式で敗者はそくトーナメント離脱となるシビアな戦い。

 

それぞれの思惑が渦巻く1回戦が行われた。

 

新日本プロレスのNJCの1回戦で遺恨発生の永田裕志VS石井智弘が激突

50歳でIWGPヘビー級のベルトを巻くとコメントした永田裕志

しかしG1クライマックスから身を引いた永田裕志をこき下ろした石井智弘

石井智弘

「50代でIWGP? 笑わせるな。そのために何か行動を起こしたのか? 何もしてねえだろう。チャンスなんか待ってたって来るわけねえだろう。自らG1辞退したり、そうなったら終わり。そんな野郎には負けねえ。

小柄だが常に闘志むき出しで戦う石井智弘

ケニー・オメガをG1クライマックスでやぶりIWGPヘビー級選手権までたどり着いた。

石井智弘の闘志はいまだ衰えることなく、師匠天龍源一郎、長州力を思わせる全力ファイトで永田裕志をねじ伏せる。

ミスターIWGP永田裕志も闘志とプライドは健在

第三世代の維持とプライドをかけた戦いだ・・

ミスターIWGP永田裕志の激闘

 

そのベテラン2人が激突したNJC 1回戦

期待どおりの真っ向勝負を展開。永田はサポーターが巻かれた石井の右腕に狙いを定め、追い込んでいく。終盤、相手の猛攻に苦しんだ石井だったが、意地を爆発させ、最後は垂直落下式ブレーンバスターで激勝。石井が壮絶な果し合いを制した。
永田裕志VS石井智弘NEW JAPAN CUP
画像出典元
NJPW
新日本プロレス

厳しい言葉を永田裕志に投げかけた石井智弘『気持ち入れ替えて、俺のところに来い。もう一回胸貸してやる』

石井智弘らしいコメントで締めくくった。

2回戦の相手は本間を破ったタイチ




YOSHI-HASHIは師匠中西学を撃破

第三世代はまだまだ元気という姿を見せたい中西学

パワーは健在対戦相手のYOSHI-HASHIを責め立てる。

長期欠場からCHAOSオカダ・カズチカとの絆を復活させたYOSHI-HASHI

中西学の付き人経験のあるYOSHI-HASHIは師匠を超える。

 

一回戦は中西学とYOSHI-HASHIの組み合わせ。6年ぶりの『NJC』出場となる中西は、規格外のパワーで相手を攻め込む。終盤、ヘラクレスカッターを決めるも、これはレフェリーがYOSHI-HASHIの巻き添えを食ったためカウントを取れず。最後はYOSHI-HASHIがバタフライロックで粘る中西からギブアップを奪った。

蝶野正洋得意のバタフライロックで勝負を決めた。

ベスト16を決めたYOSHI-HASHI

中西学VSYOSHI-HASHI
画像出典元
NJPW
新日本プロレスYOSHI-HASHIバタフライロック

IWGPUSヘビー級王者まさかの敗退

IWGPUSヘビー級王者ジュース・ロビンソンが1回戦で姿を消す波乱が起きた。

レッスルキングダムでUS王者に返り咲いたジュース・ロビンソンがまさかの敗戦。

パッケージドライバーを完璧に決め、なんとカウント3を奪取。オーエンズがUSヘビー級王者から殊勲のフォール勝ちを奪った。

ジュース・ロビンソンVSチェーズ・オーエンズ

IWGPUSヘビー級王者ジュース・ロビンソンがチェーズ・オーエンズに敗れ
画像出典元
NJPW
新日本プロレス

あわせて読みたい記事