レッスルマニア35で 2冠王者が誕生する

レッスルマニアで2冠王者が誕生。
RAW女子王者ロンダ・ラウジーのベルトを巡ってベッキー・リンチとの対戦が決定していたベッキー・リンチ。
そこに横やりを入れたマクマホン会長。
ベッキー・リンチの挑戦を強引とも言われる手法でシャーロット・フレアーに変えた。
納得いかないロンダ・ラウジーはあの手この手を使いベッキー・リンチを再び挑戦者に引き上げた。

レッスルマニアでロンダ・ラウジーのベルトにベッキー・リンチ、シャーロット・フレアーとトリプルスレッドマッチが決定。
WWE ロンダ・ラウジー がベッキー・リンチ戦へ執念を見せる。
しかしここで終わらないのがWWEである

事もあろうにマクマホン会長はシャーロット・フレアーをアスカの保持するSD女子王座に挑戦させた。
不意を突かれたアスカはベルトを失う。

スマックダウン女子王座を奪われた女帝アスカ
画像出典元
(C)2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

NXTからRAW~SDと戦いの場を変えてきたアスカはほとんど負け知らずである。
しかしシャーロット・フレアーだけには分が悪い。
アスカはSD女子のベルトを奪われてしまった。

レッスルマニアRAW女子王者VSベッキー・リンチVSスマックダウン女子王者シャーロット・フレアー

シャーロット・フレアーがスマックダウンのベルトを奪った事でレッスルマニアは2つのベルトを巡る戦いに変わった。
勝者は2冠王者となる。

レッスルマニア2冠王者が誕生
画像出典元
(C)2019 WWE, Inc. All Rights Reserved

激しい前哨戦をするロンダ・ラウジー、シャーロットフレアー、ベッキー・リンチは、ケタ違いのバトルを見せる。
警察、レフリーを巻き込んで大騒ぎの展開。

大会冒頭でロウ・コミッショナーのステファニー・マクマホンから発表された。ロウ女子王者ロンダ・ラウジー、スマックダウン女子王者シャーロット・フレアー、ベッキー・リンチで争い、その勝者が2冠女王となる。

この日はラウジー、フレアー、リンチが組み、ライオット・スクワッドとの6人タッグ戦に臨んだ。ライバル意識をむき出しにした3人は試合序盤から険悪ムード。連係が良いはずもなく、リンチが苦戦しながらもリブ・モーガンの腕を取ってディスアーマーを狙うと、フレアーはわざとタッチして試合権を奪って交代。「私の前から消えろ」とリンチを罵倒したフレアーも、ラウジーが一方的にタッチしてにらみ合った。さらに背後から丸め込まれたラウジーがモーガンを瞬殺の腕ひしぎ逆十字固めで仕留めた後、フレアーに殴りかかって3人は乱闘に発展してしまう。

ロンダ・ラウジーVSシャーロット・フレアーVSベッキー・リンチ
画像出典元
(C)2019 WWE, Inc. All Rights Reserved.

レッスルマニア初の女子王座戦がメインとなるロンダ・ラウジーVSベッキー・リンチVSシャーロット・フレアー戦
初の2冠王者が3人から決まる。
WWE女子最強王者が決まるレッスルマニア35

スポンサーリンク


あわせて読みたい記事