マディソン・スクエア・ガーデンバトルロイヤルで獣神サンダーライガーVSグレート・ムタ

オカダ・カズチカのIWGPヘビー級王座奪還で幕を閉じたマジソン・スクエア・ガーデン
大会は大成功で次回への布石も見せた。

その中で行われたバトルロイヤルで興味深い選手が登場した。
アメリカでグレート・カブキの息子として誕生したグレート・ムタ。
忍者殺法から、華麗に動き、毒霧を吐くグレート・ムタ。

カブキも毒霧を吐くがカブキは、リングパフォーマンスで毒霧を見せたいた。
グレート・ムタは試合の終盤で相手に吹きかけ試合を優位に進めていた。

武藤敬司の化身と言われるグレート・ムタ『愚零闘武多』
新日本プロレスに逆輸入された。
グレート・ムタの影響で様々なグレート戦士が誕生

新日本プロレスでのムタは武藤敬司がスランプに陥った時や様々な起点の状況的に登場した。
蝶野正洋がnWoジャパンを新日本プロレスに持ち込み武藤敬司を勧誘した。

武藤敬司は拒んだが、グレート・ムタとしてnWoに参加した。
今では伝説にもなっているグレート・ムタ

存在感は今でも健在、噂になっていた新日本プロレスのマディソン・スクエア・ガーデン大会に登場した。
新日本プロレスマジソン・スクエア・ガーデン大会第0試合

唯一参加が発表されていた獣神サンダーライガー参加者は未定であった。
引退を発表している獣神サンダーライガーは海外でも人気で世界の獣神サンダーライガーは健在。
登場順は
新日本プロレス&ROH

ケニー・キング

鈴木みのる
ビアー・シティ・ブルーザー

SHO
鷹木信悟

BUSHI
YOH
この時点でロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンVSROPPONGI 3Kが実現

ブルーザー転落失格

シャヒーム・アリ

LSG

田口隆祐

ウィル・フィリーラ

 

チェーズ・オーエンズ

ロッキー・ロメロ

BUSHI失格

ブライワー”ミロナス
フィリーラ失格

バットラック・ファレ

YOHとSHO失格

鷹木信吾、田口隆祐失格

トレイシー・ウィリアムス

YOSHI-HASHI
PJブラック

フィリーラ、チェーズ失格

獣神サンダーライガー登場

ミロナス失格
TKオライアン、ビニー・マルセグリア

トレイシー失格

デリリアス

石井智宏
PJブラック

矢野通

後藤洋央紀
ロッキー、YOSHI-HASHIが失格

バットラック・ファレ失格

キング・ハク登場
バトルロイヤルに魔界の住人グレート・ムタ登場

デリリアス、カバナ、矢野通、後藤洋央紀失格

鈴木みのる失格

チーズバーガー失格

石井智弘失格

リング上はキングダム、そしてムタとライガーの4人となった。キングダムの2人はライガーとムタに襲いかかるが、これを軽く一蹴。残されたのはレジェンドの2人、ライガーとムタだ。ライガーがムタに掌底。しかし、ムタもドラゴンスクリューからフラッシングエルボーでお返しだ。
ジリジリとライガーににじり寄るムタ。ところが、なんとどこに隠れていたか、一番最初にリングインしていたケニーが突如、リングに現れる。そしてムタとライガーを連続でロープから落として失格に追い込み、優勝となった。

日本でもいまでは見れない獣神サンダーライガーVSグレート・ムタ
豪華なメンバーが出そろったバトルロイヤルはケニー・キングが優勝。

グレート・ムタ毒霧発射

しかし試合後グレート・ムタは存在感を発揮
ケニー・キングに毒霧を浴びせて見せた。

グレート・ムタVS獣神サンダーライガー
画像出典元
NJPW
マジソン・スクエア・ガーデン大会

魔界の住人グレート・ムタ健在を証明して見せた。

同日の「HOG」ニューヨーク大会で復帰したばかりの“魔界の住人”が最後の30番目の選手として姿を現すや、会場は大歓声。来年1月に引退する獣神サンダー・ライガーの掌底を浴びながらもドラゴンスクリューを繰り出した。 最後はオーバー・ザ・トップロープで退場に追い込まれたものの、レジェンド2人が生み出す空間に海外ファンも酔いしれた。

天才武藤敬司VS黒のカリスマ蝶野正洋

あわせて読みたい記事