nWoジャパン伝説

黒のカリスマと言われた蝶野正洋

蝶野が描いた、プロレスとは

闘魂三銃士はが描いたそれぞれのプロレス道

新日本プロレスのヒールユニットnWo

プロレスブームを作りグッズもバカ売れ

 

とにかくカッコイイ・ユニットの誕生がnWo

 

Sponsored Link


nWoとは

 

アメリカのWCWで始まったnWoだが日本に飛び火しブームをおこす

 

スパースターハルクホーガン率いる

nWoは、スコットノートン、ケビン・ナッシュと組みユニットを結成WCWで大暴れ

 

ハルクホーガン
画像出典元 WWE nWo

ハルク・ホーガンは日本で育った

和製の外国人レスラーだった。

 

スタン・ハンセンから影響を受けた、ラリアット

アックスボンバー(右手の肘を曲げて顔面に放つラリアット系の必殺技)

スタン・ハンセンのラリアットとは、少し違うニュアンスを持たせた

ラリアットだが、強烈な必殺技に変わっていく。

 

新日本プロレス来日、猪木の元でメキメキ成長し

タイツには、1番の文字

IWGPヘビー級トーナメントで猪木をアックスボンバーで衝撃KO

ハルク・ホーガンのオドオドした驚きの顔が忘れられない

 

アメリカに帰国後、映画出演などを切っ掛けに

WCWのスーパースターとなる。

ハルク・ホーガンは、WCW WWF「現WWE」をまたにかけ

アメリカのスーパースターとなっていく。

ハルク・ホーガン
画像出典元 新日本プロレス

 

 

そのハルク・ホーガンが作ったnWo

そこに蝶野正洋加盟する

蝶野正洋は、nWoジャパンを結成

 

蝶野が狼軍団をnWoに変えて

ヒロ・斉藤

天山広吉とユニットを組み

新日本との抗争が勃発する事になる

 

そこで、ヒールがブームを作るユニットが完成

蝶野としてはなにかコマが足りない

ユニットとして物足りなさを感じていたのだろう。

 

橋本真也が、正規軍として君臨する新日本プロレスリング

闘魂三銃士は? 橋本真也、蝶野正洋、武藤敬司の3人

 

闘魂三銃士が残した足跡

絶大な人気を誇る武藤敬司だが、

橋本真也の本隊、nWoで躍進する蝶野

武藤敬司は人気はあるものの中途半端な位置にいた。

 

武藤敬司に目を付けた、蝶野は執拗な勧誘を受ける

 

武藤の、人気実力は蝶野を凌ぐ影響力があった。

しかし、武藤は執拗な勧誘をことごとく拒み

蝶野は、無理やりnWoのTシャツを武藤に着せたり

 

スプレーで背中にnWoの文字を書いたりした

武藤敬司は嫌がるそぶりこそ見せていたが

そこは、策士どのタイミングでnWo加入が良いか見計らっていたに違いない

 

Sponsored Link
 





グレートムタ見参武藤電撃加入

 

なんと、武藤敬司は、WCWでグレート・ムタとして・・・・・

グレートムタ
画像出典元 新日本プロレス

 

WCWのリングでグレート・ムタが正式に加入し、念願武藤を仲間に引き入れたnWoジャパンは、一大勢力になる

 

勢い増すnWoジャパン

nWoジャパン
画像出典元 新日本プロレス

 

蝶野が黒のカリスマとして勢いを増す

武藤が華を添える

天山・ヒロ斉藤・ノートンが暴れる

 

入場曲の斬新さ、お洒落なTシャツグッズ

リングの立ち振る舞いなど完璧とも言える、蝶野の演出

このnWoのは、

プロレスの世界だけではなく、様々なところに普及して広がりを見せた

アリストリスト
画像出典元 蝶野正洋ブランド アリストリスト

 

nWoサポートメンバー

 

蝶野正洋は、メディア戦略も行い

数多くのスポーツ選手をサポートメンバーとして認定していた

プロレス以外でもnWoのTシャツを着てるの見た

プロレスファン以外のnWoのTシャツを着てる姿をよく見かけたのも

このような理由

蝶野の戦略は見事に成功

nWo Tシャツ」だけで6億円の売り上げを記録

 

黒の抗争

nWoは順風満帆に、新日本プロレスを制圧していく

蝶野正洋&武藤敬司の2枚看板のnWoジャパンは無敵である

 

アントニオ猪木の色で染まった新日本プロレスにくさびを打ち

蝶野正洋は、新日本プロレスを制圧していく

IWGPヘビー級ベルトも、人気も、世論もまとめて蝶野正洋の天下である

ここまで、プロレスを世に広めたのは

タイガーマスクブーム以来である

 

しかし、2枚看板のnWoにほころびが出始める

黒の抗争と言われたnWo戦争が勃発する事になる

 

プロレス界には、覇権争いは付き物

ユニットが結成されても、いつかは袂を分けあうもの

ユニットが巨大化すればその分裂もまたやも得ない現象

 

蝶野が念願のIWGP王座を、藤波辰爾から奪取直後

怪我が発覚し、長期欠場に入る

しかし、nWoには、巨頭が2人いる

盤石のはずだった。

 

蝶野正洋が欠場した後

武藤敬司がリーダを務める事になる

 

武藤は連呼した。アイアムBOSS!!

 

ムタから、武藤敬司として、nWoのリーダーに変わった武藤は

 

蝶野が留守の間、新メンバー小島聡を加入させる

蝶野が復帰するときは、もはやnWOに蝶野がボスとして君臨する席はなく

蝶野正洋と武藤敬司の覇権争いになる

 

本家本元のハルク・ホーガンのnWoも衰退化し、解散の時期ではあったと言われているが

日本の事情は全く違う所に飛び火する事になる

結果蝶野正洋と武藤敬司は分裂となり

 

蝶野はTEAM2000を結成

武藤率いるnWoと決戦の運びとなった

 

試合の結果蝶野は、武藤とに勝利しnWoは消滅した。

 

nWoのプロレス界に起こした革命は大きく

また世の中にプロレスの可能性を見せてくれた

蝶野正洋と言う存在は

プロレスの歴史に革命を起こした戦士として名を刻むことになる

 

プロレス界にも、数多くのユニットが存在する

CHAOS

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン

鈴木軍

 

個人としてユニットは自分がのし上がる手段である。

プロレスユニットが今後どう変わるか

ファンは見守るしかない。

Sponsored Link


内藤哲也のユニットの下剋上はいつ?

天才武藤伝説の戦い

 

関連お勧め記事