オカダ・カズチカ レインメーカーで棚橋弘至を沈める

オカダ・カズチカ、棚橋弘至、両者とも優勝を宣言。G1クライマック29が開幕。
オカダ・カズチカと棚橋弘至はチームを組んで戦うほど、両者の関係は良好である。

新日本プロレスを支えてきた棚橋弘至。
試合後のコメントでは、オカダ・カズチカを恐ろしい選手になったと評価した。
オカダ・カズチカは、IWGPヘビー連続防衛記録を棚橋弘至から塗り替えた。
だが、ケニー・オメガに敗戦。IWGPヘビー級王座から陥落した。

低迷を続けているように思えたオカダ・カズチカ。
オカダ・カズチカは、そのベルトがケニー・オメガから棚橋弘至そしてジェイ・ホワイトに移動。
IWGPヘビー級王者の頃には出来なかった、プロレスを楽しんでいた。

その結果オカダ・カズチカはレスラーとして大きくなり。
進化して、再びIWGPヘビー級のベルトを腰に巻いた。

その進化したオカダ・カズチカが、怪我で欠場していた棚橋弘至の前に立ち、G1クライマック29開幕戦ダラスで対戦した。
正調式レインメーカーで棚橋弘至を粉砕して見せた。

オカダ・カズチカ正調式レインメーカー
画像出典元
NJPW
G1クライマック29
G1クライマック29初戦オカダ・カズチカVS棚橋弘至

棚橋弘至はG1クライマック開幕前。
怪我からの復帰戦でジェイ・ホワイトと対戦した。

試合は緊迫感のある戦い。だが、ジェイ・ホワイトは強い。エース棚橋弘至が衰えた?
いやそんな感はなかった。
ジェイ・ホワイトも、若き新日本プロレスを支える戦士。

悪態を付き、反則も平気で行い、外道の介入もあり、IWGPヘビー級のベルトも巻いた。
若き新日本プロレスのレスラー。
そのジェイ・ホワイトに2月から封印してきた、ハイフライフローを繰り出そうとした瞬間に、外道の介入があり不発。
その後首固め合戦で、ジェイ・ホワイトに敗戦した。
※関連・・ジェイ・ホワイトはなぜ強いのかその理由は?

棚橋弘至は衰えてしまったのか?

棚橋弘至のG1クライマック29が始まった

棚橋弘至はオカダ・カズチカとの激闘の末敗れた試合後、コメント。
今の自分の力を知った。
これをどう解釈するのか?棚橋弘至が引退となるその時まで分からないであろう。
オカダ・カズチカは棚橋弘至戦を終わって、やはりG1クライマックはキツイとコメント。

棚橋弘至に勝った事で、優勝が見えてきたオカダ・カズチカ。

レインメーカーで勝利したが、この試合何発のツームストンとレインメーカーを繰り出したであろう。
正調式のレインメーカーを決めるまで、なんども棚橋弘至からカウンターを食らった。

棚橋弘至がオカダ・カズチカ戦の終了コメントで、今の自分がわかった。
これは棚橋弘至がやれる?G1クライマック2連覇出来ると?確信したのかもしれない。
不屈のエース棚橋弘至はあきらめが悪い。
武藤敬司の助言で、ハイフライ・フローを解禁した棚橋弘至。

棚橋弘至
画像出典元
NJPW
ついに棚橋弘至ハイフライフロー解禁

G1クライマックは長丁場後半まで勝負はわからない。

あわせて読みたい記事