G1クライマックス29 独走ジョン・モクスリー

G1クライマックス29を独走するジョン・モクスリー。
世界的なスーパースタージョン・モクスリー。
G1クライマックス29 Bブロックを全勝。

ここで立ちはだかったのは、NEVER無差別級王者石井智弘。
石井智宏2敗死守して、ジョン・モクスリーと対戦前にジュース・ロビンソンと対戦。

NEVER無差別級王者の石井智宏。踏ん張る。
前IWGP USヘビー級王者ジュース・ロビンソン。
垂直落下式ブレーンバスターでジュース・ロビンソンからピンフォール勝ち。

鈴木みのるが出ていないG1クライマックス。
石井智宏は最年長。G1クライマックスも大きく若返りをはかる。

NEVER無差別級王者の石井智宏2敗死守
G1クライマックス29 Bブロック全勝で独走するジョン・モクスリー.
今年出れたG1クライマックスだが、来年はわからないレベルの高さ。
エース棚橋弘至もそう語る。その中で石井智宏が、存在感を発揮。

石井智宏
画像出典元
NJPW
東スポWEB

NEVER無差別級王者の石井智宏(43)はジュース・ロビンソン(30)を下した。パルプフリクションをしのぐや、投げ捨て式のタイガースープレックスで反撃開始。スライディングラリアートから垂直落下式ブレーンバスターにつないで激闘をものにした。2敗で全勝のモクスリーを追う石井は「もう綱渡り状態。これから、いかに落ちねえようにやるかだな」と気を引き締めた。

石井智弘VSジョン・モクスリー

石井智弘とジョンモクスリーの対戦は?
ジョン・モクスリーに軍配が上がった。

G1クライマックス優勝は、他力本願
石井智宏も星は落とせない。自ら綱渡り状態と言う。
残り試合はCHAOS対決、後藤洋央紀と矢野通。

タイチ、鷹木信悟となる。
ジョン・モクスリーが2敗しても直接対決で負けている状態。
石井智宏が負けると、ますますジョン・モクスリー独走になる。
残り全勝で決勝へ石井智宏。

ジョン・モクスリーの独走を止めるのは?

あわせて読みたい記事