SUPER J-CUP 2019

獣神サンダーライガーが提唱したSUPER J-CUP

新日本プロレス、全日本プロレスのメジャー団体以外にも多くのジュニアヘビー戦士がいる

そこに目を付けた獣神サンダーライガーは、SUPER J-CUP を提案

 

結果多くのスターが誕生した、ハヤブサ、ザ・グレートサスケ、スペル・デルフィン、TAKAみちのくなど。

 

その規模は他団体にも派生し大きくジュニアヘビー級の発展になった。

その後新日本プロレスはBEST OF THE SUPER Jrがジュニアヘビー級の祭典と変わった。

 

そのSUPER J-CUP 2019がワシントン州シアトルで開幕した。

IWGPジュニアヘビー級王者であり

BEST OF THE SUPER Jr26優勝者のウィル・オスプレイも参加

 

大会はウィル・オスプレイを中心に回るはずであった。

田口隆裕、エル・ファンタズモ

ドラゴン・リー

SHO

そしてIWGPジュニアヘビー級王者ウィル・オスプレイなどが1回戦を勝ち上がる

『BEST OF THE SUPER Jr.26』
画像出典元
NJPW
『BEST OF THE SUPER Jr.26』

BEST OF THE SUPER Jr.26総当たり戦でなくトーナメント方式となる為一瞬の油断も許せない戦いとなる

IWGPジュニアヘビー級王者らしい戦いをするウィル・オスプレイとは違い

バレット・クラブは反則のオンパレードである。

 

その不穏な動きはウィル・オスプレイにも襲ってきた。

準決勝で対戦したウィル・オスプレイとバレット・クラブのエル・ファンタズモ

 

混乱の中、ファンタズモは急所攻撃に行くが、オスプレイがブロック。ここでファンタズモがツバを吐きかけると、オスプレイが頭部にステップキック連打、ローキック、バックキック、ハイキックを頭部へ集中させる。
さらにオスプレイはオスカッターで追撃し、ストームブレイカーの体勢に入る。ところが、いきなり石森が乱入し、ブラディークロスをオスプレイに食らわせる。そして、最後はファンタズモがCRIIでダメ押しし、勝利を強奪した。

結果決勝でもドラゴン・リーを急所にパンチから、CR IIを炸裂させてピンフォール勝ち

なんとも後味の悪い結果となった。

 

獣神サンダーライガーにも暴言を吐いた エル・ファンタズモにキレた。
ウィル・オスプレイが宣戦布告する幕切れとなった。




ジェイ・ホワイトが2冠宣言

内藤哲也の発信で始まったIWGPヘビー級&インターコンチネンタルの2冠宣言

G1クライマックス覇者飯伏幸太もレッスルキングダムでオカダ・カズチカの保持するIWGPヘビー級

のベルトに挑戦獲得した時には翌日インターコンチネンタル王者への挑戦を表明した。

 

そうなればインターコンチネンタルのベルトを保持する事でIWGPヘビー級王者がすり寄ってくる

不思議な図式になる。

 

そこで動いたのがバレット・クラブのジェイ・ホワイト

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポンと対戦したジェイ・ホワイト

ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン

内藤哲也&BUSHI

 

バレット・クラブ

ジェイ・ホワイト&石森太二

ブレードランナーでBUSHIを沈めると内藤哲也に詰め寄る

ジェイ・ホワイト
画像出典元
NJPW

 

勝利したジェイ・ホワイトが吠えた

ナイトーのプランでもあり、イブシのプランでもある。初日にIWGPヘビー級のベルトを奪う。そしてヘビー級王者としてIC(インターコンチネンタル)チャンピオンを狙う。ここで話したことに対しての返答を待ってるよ。返事があるまで、リング上でまた会うことになる。そして首へのダメージを重ねることになる。この毛が届くことを願ってるよ。じゃあ、次に。返事を待ってる。いやあ、待ち遠しいなあ。俺が、この会社ではまだ誰も見たことのない2冠王になる。みんな、楽しみにしててくれ」

ジェイ・ホワイトが内藤哲也と飯伏幸太に乗っかった瞬間でもあった

ジェイ・ホワイトはG1クライマックスで内藤哲也に勝利しており

インターコンチネンタル挑戦は可能でもある。

 

制御不能ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン内藤哲也はどう動く?

KENTAも参加しているバレット・クラブの勢いを止められるか?



あわせて読みたい記事