オカダ・カズチカVS飯伏幸太IWGPヘビー級タイトルマッチ

IWGPヘビー級王者オカダ・カズチカと2019G1クライマックス覇者飯伏幸太の頂上決戦

純粋に2人の戦いを見つめていたいが

 

この戦いの先にインターコンチネンタル王者との2冠戦が待ち受ける。

さてその勝者は?

ジェイ・ホワイトと内藤哲也のインターコンチネンタル戦は内藤哲也のデスティーノでジェイ・ホワイトから
インターコンチネンタルのベルトを取り返した。

インターコンチネンタル王者のまつ1.5に出場するIWGPジュニアヘビー級王者は?

オカダ・カズチカVS飯伏幸太
画像出典元
NJPW
オカダ・カズチカVS飯伏幸太

最強オカダ・カズチカが飯伏幸太をレインメーカーで撃破

この結果IWGPジュニアヘビー級王者VSインターコンチネンタル王者対決は
オカダ・カズチカVS内藤哲也となった。

IWGPジュニアヘビー級王者こそ最強だ

オカダ・カズチカ
画像出典元
NJPW
東スポWEB

IWGPこそ最強だオカダ・カズチカ2冠など興味はない

最強の挑戦者飯伏幸太を退けたオカダ・カズチカはそう叫んだ。

 

飯伏幸太との激闘の後、リングに上がった内藤哲也はこう叫んだ

「2年前のドームでのマイク、覚えているか? 俺はまた東京ドームのメインに戻ってきたぞ。史上初の偉業、東京ドームで初めての大合唱、オカダを倒した上で実現させてやるから、カブロン」と宣戦布告した。

オカダ・カズチカは、飯伏幸太を称えた後

内藤哲也に言い放つ、2年前?史上初?大合唱?どうでもいいんだよ

コノヤロー

オカダ・カズチカには、2冠戦で勝利して

インターコンチネンタルのベルトを封印、もしくは返上してIWGPジュニアヘビー級王者の権威を維持してもらいたい

 

そう思うファンも少なくはない

IWGPジュニアヘビー級王者こそ新日本プロレスで最強のベルトである証

大きく変革を迎えた、新日本プロレス

この2冠闘争の結末は、オカダ・カズチカと内藤哲也で決着がつく

あわせて読みたい記事