オカダ・カズチカ新設新タイトル『KOPW2020』

オカダ・カズチカが今のIWGPヘビー級&インターコンチネンタルには、興味がない新たなアイデアがあると裕二郎との戦いの後、会社に提案するそのアイデアが明るみに出た。

オカダ・カズチカが新日本プロレスに提案した事は

新タイトルの設置『KOPW2020』、新設のタイトルとなると新しいベルトが誕生するのか?と思わせたがベルトは存在しないと言う。

初回のルールは各自選手が持ってくると言う奇抜なもの
その試合ルールはファンが投票で決める。

まずは8選手でシングルマッチ

その勝者が神宮球場の大会で4wayマッチで戦い勝者を決めると言う、4wayマッチは、世界的に見てもWWEがやる戦いに似ている。

 

しかしここからが、長丁場となる神宮で勝った勝者は防衛戦を行い

年末最終的に防衛した勝者にトロフィーが送られ

KOPW2020の王者となる。

 

翌年からは、KOPW2021が新たにスタート

オカダ・カズチカの提案でこの戦いが始まる、新日本プロレス最高峰のIWGPヘビー級王座とはまた違った新日本プロレスの新たな戦いの歴史が始まる

IWGPヘビー級に絡めない、若手や中堅にもチャンスが広がり、新日本プロレスの底上げにもなる可能性がある新設のタイトルとなる可能性もある。

 

 

おそらく、オカダ・カズチカも出場となり初代王座を目指すとみられる。
WWEでは、ラダーマッチ、金網マッチ、日本ではインディ団体が行って来たものも多いが

メジャー団体と言われた団体は正統派の

スポーツライクな対戦がしかなく、新日本プロレスに大きなクサビが打たれるのかもしれない
昔からのファンがどうとらえるのか?オカダ・カズチカが言っていた意味の答えが
新たな世界発信の新日本プロレスなのかもしれない

WWEでは、3wayマッチでタイトルが移動するのは日常茶飯事である

新日本プロレスの戦いにその要素が加われば、また一つの大きな流れの変化となる。




神宮球場カード決定

IWGPヘビー級&インターコンチネンタル選手権

キング・オブ・ダークネスEVIL VS 内藤哲也

内藤哲也、IWGPヘビー級&インターコンチネンタル2冠解体に動く

内藤哲也、IWGPヘビー級&インターコンチネンタル2冠解体に動く

おおきなうねりを見せてきたEVILと内藤哲也元パレハの戦い

IWGPジュニアヘビー級選手権

高橋ヒロムVS石森太二

獣神サンダー・ライガーに引導を渡したのは誰だ?

石森太二は自己主張を出した、当時IWGPジュニアヘビー級王者の石森太二
が獣神サンダー・ライガーに引導を渡し獣神サンダー・ライガーは引退を表明した

しかし引導を渡したのは高橋ヒロムと勘違いされている
怒りの石森太二は高橋ヒロムにも引導を渡す。


続々と集まる参戦者KPOW2020

オカダ・カズチカ、ハンディキャップマッチ

小島聡、デスペラード

KOPW2020.エル・デスペラード「フィニッシュ限定マッチ」で小島聡と対戦か?

神宮球場大会でKPOWの1回戦決定

オカダ・カズチカ提唱した、KPOWの1回戦対戦相手が決定

オカダ・カズチカVS高橋裕二郎

 

SANADA VS SHO

小島聡 VS エル・デスペラード

矢野通 VS BUSHI この勝者4人が4WAY戦に出場する事になる。

 

 

あわせて読みたい記事