新日本プロレス興行再開の主役高橋ヒロム欠場

新日本プロレス興行再開、主役に躍り出たのは、IWGPジュニアヘビー級王者高橋ヒロムであった

ニュージャパンカップ2020開催

 

同門、盟友、師匠が保持するIWGPヘビー級&インターコンチネンタルのベルトに挑戦するため

ニュージャパンカップ2020優勝を宣言

ジュニアヘビーがニュージャパンカップを制覇する、大きな目標に向かって突き進んだ

 

ファンも高橋ヒロムの夢に乗っかり、高橋ヒロム躍進に歓喜した

しかしオカダ・カズチカの牙城は崩せずベスト4で散ったニュージャパンカップ2020

 

ニュージャパンカップはロスインゴベルナブレス・デ・ハポンを裏切ったキング・オブ・ダークネスEVIL優勝

EVILは、内藤哲也も破りIWGPヘビー級&インターコンチネンタルのベルトを獲得

 

しかしその反則行為に、IWGPジュニアヘビー級王者高橋ヒロムが挑戦を表明

IWGPジュニアヘビー級王者高橋ヒロムがIWGPヘビー級&インターコンチネンタルのベルトに挑戦と言うとんでもない試合が組まれた

試合は、バレット・クラブデック東郷の介入、反則攻撃の嵐で高橋ヒロムは敗戦

しかし、高橋ヒロムの技はIWGPヘビー級&インターコンチネンタル王者キング・オブ・ダークネスEVILを確かに仕留めていた

 

IWGPジュニアヘビー級王者高橋ヒロムがIWGPヘビー級のベルトを獲得する事は不可能ではないそれを証明して見せた。

その試合が終わった瞬間、今度は高橋ヒロムの保持するIWGPジュニアヘビー級のベルトにジュニアヘビーの猛者石森太二が狙いを定め高橋ヒロムを痛めつけた。

 

新日本プロレス興行再開から高橋ヒロムは、まさに主役級の活躍、話題を振りまいてきた

神宮球場でのIWGPジュニアヘビー級選手権が決まるも

 

過酷な戦いを繰り返してきた高橋ヒロムは、石森太二の執拗な左肩攻撃で負傷

高橋ヒロムは怪我
画像出典元
NJPW

石森太二の左肩集中攻撃に無念のギブアップ負けをしてしまう。

これを受け高橋ヒロムは欠場の発表

ドクター・ストップ




神宮球場IWGPジュニアヘビー級選手権で復帰

気になる高橋ヒロムの新日本プロレス神宮球場大会

高橋ヒロムは、神宮球場までの復帰の見通しを復帰は可能とした

 

怪我で長期欠場していた高橋ヒロムは、再び無理をすると

長期欠場となる可能性も否めないが

現在、ロスインゴベルナブレス・デ・ハポンとバレット・クラブは抗争の真っただ中

 

EVILがバレット・クラブ加入、バレット・クラブも渡航規制で、ジェイ・ホワイト、バットラック・ファレ、KENTAも不在完全体ではないバレット・クラブを叩いておく必要もある

 

神宮球場でIWGPジュニアヘビー級防衛

そして内藤哲也のキング・オブ・ダークネスEVILからIWGPジュニアヘビー級&インターコンチネンタルのベルトを取り戻すのがロスインゴベルナブレス・デ・ハポンの存在価値を表す最大限の評価になる

後楽園両大会の対戦カードには名前を連ねていたが、ドクターストップにより当日になって欠場となった。出場予定だった6人タッグ戦はともにタッグマッチに変更となる。また医師・トレーナーとの協議の結果、石森とのジュニア王座V2戦が予定されている8月29日明治神宮野球場大会までには復帰可能の見通しだという。



あわせて読みたい記事